• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スカイツリー下の東京ソラマチ開業で大騒ぎだけど

商業施設はオープンしたら完成ではない

2012年6月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年は東京都心に、大型商業施設が相次いで開業した。4月18日に「東急プラザ表参道原宿」が、4月19日に「ダイバーシティ東京」が、5月22日には「東京ソラマチ」がオープンした。中でも東京ソラマチは東京スカイツリーに隣接していることもあって、新聞・雑誌に始まり、テレビのワイドショーやバラエティー番組まで、様々な形で取り上げられ、まるでお祭りのような状態だった。

 1年前を振り返ってみると、大阪市内で大型商業施設のオープンラッシュあった。1年が経過したそれぞれの結果を並べてみたい。

“歴史的敗北”のJR三越伊勢丹

 大阪市内の商業施設で注目が集まったのは梅田地区のJR大阪三越伊勢丹、ファッションビル「ルクア」、増床した大丸梅田店の3カ所と天王寺・阿倍野地区にオープンした「あべのマーケットパーク キューズモール」だろう。これらのほかにも、梅田には小型ファッションビル「ヌー茶屋町プラス」とアウトドアブランドを集めた小型モール「アルビ」もオープンしているが、ここでは割愛する。

 梅田と阿倍野に開業した4つ施設はそれぞれ何度も新聞や雑誌に登場したが、なんといっても耳目を集めたのがJR大阪三越伊勢丹だろう。

JR大阪三越伊勢丹とルクアが入るビル(右)と大丸梅田店が入るビルは大阪駅のホームを挟む

 オープン前は「あのファッションの伊勢丹が大阪についに進出」とセンセーショナルな報道であふれた。しかしこの1年間、思うように売り上げは伸びなかった。当初は550億円の売上高を見込んでいたが、途中でこれを350億円に下方修正した。結果的にはこれにも届かず、初年度の売上高は334億円に終わった。

 オープン当初の昨年のゴールデンウィークには何十万人という来場客があったが、その当時から「売り上げはあまり多くないらしい」とのうわさが衣料品業者の間では流れていた。一説には「予算の6割程度の売上高しかなかった売り場もある」と言われていた。下方修正の発表は図らずももこのうわさが正しかったことの証明となった。

 不振の原因として、新聞などは「伊勢丹流のディスプレイが大阪の消費者に受け入れられなかった」と解説している。「自主編集売り場」というだけあって、ブランドごとではなく商品別に編集して陳列されており、売り場を見た感想を言えばかなり美しい。こういう売り場は大阪ではちょっと見ることはできないだろう。それ故に雑然とした売り場を好む大阪の消費者に拒絶されたというのはありえそうな現象である。

 オープンから1年が経ったゴールデンウィーク明けに、JR大阪三越伊勢丹を取材した。その際、運営会社であるジェイアール西日本伊勢丹総務部の方は不振の原因として、「自主編集売り場が大阪のお客様に『お高く止まっている』と受け止められた」と説明してくれた。まさにこの表現が的確なのではないだろうか。

コメント0

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「スカイツリー下の東京ソラマチ開業で大騒ぎだけど」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官