• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「アウディをヤフオクで売っちゃうかも」とギークハウスで言われて…

第6回:オーナー巡りとキャリア相談でも視界開けず

2012年6月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。

 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 雪深き月山で粘っております。

 こんな時期までスキーができるのかと訝しく思われましょうが、ここ月山のスキー場開きは何と4月の10日から。それまではリフトが埋まってしまう程に雪が深く、他のスキー場経営者が「そろそろ店じまいか……」と空を見上げる頃になって漸く店開きをし、何と7月下旬まで滑走可能という特殊なスキー場なのであります。

パーキングからリフト乗り場までの長い上り坂に交通手段はナシ。板を担いでえっちらおっちら登らなければなりません。タイミングが合えば雪上車で板を運んでくれる無料サービスもありますが、まあ待たずにサッサと登ってしまうこと吉であります

 しかし今年は空いていますね。若い人のクルマ離れが叫ばれて久しいですが、スキーもまた由々しき状況にあります。辺りを見渡すと中高年スキーヤーばかりが目立ちます。一時期爆発的に増えたスノボ客もやはり漸減傾向にある。“レジャーの多様化”だけでは片付けられない厳しい現実がここにあります。
 今回の企画が成功裏に終わったら、次は学生諸君とスキーを盛り上げる「滑りながら考える」をやりましょうか。しかし「僕たちはそもそもスキーなんか興味がないんです」なんて言われたらクルマの時以上にショックだな。

今回はNORDICAの来期モデルに試乗。なかなかよろしやおまへんか。モノコックは扱い易くてラクだけど、私はサンドイッチ構造の方が好きだな
リフト基地にある食堂で食べるのも味気ないので、宿に弁当を作ってもらいます。天気が良いと月山湖まできれいに見えて最高のピクニックにもなります

コメント34件コメント/レビュー

車を運転すること・持つことが「かっこわるい」と感じている若い人に、アウディが「かっこいい」、車を運転すること・持つことが「かっこいい」と感じさせるためにはどうするか、という話。学生たちにとって、周りに「かっこいい大人」がいなかったんでしょうか。F氏は「かっこいい大人」と思われていないのか、自分とはつながりの無い(遠い)エイリアンなのか。インタビューがうまく行かないのは、大人のエイリアン(笑)に話を聞きに行っているからで、自分と年齢や社会階層の近い人・ちょっとだけ斜め上の人に話を聞きに行かないと、経験の浅いうちは共感できないでしょう。。。(2012/06/16)

「慶大生と「走りながら考える」」のバックナンバー

一覧

「「アウディをヤフオクで売っちゃうかも」とギークハウスで言われて…」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

車を運転すること・持つことが「かっこわるい」と感じている若い人に、アウディが「かっこいい」、車を運転すること・持つことが「かっこいい」と感じさせるためにはどうするか、という話。学生たちにとって、周りに「かっこいい大人」がいなかったんでしょうか。F氏は「かっこいい大人」と思われていないのか、自分とはつながりの無い(遠い)エイリアンなのか。インタビューがうまく行かないのは、大人のエイリアン(笑)に話を聞きに行っているからで、自分と年齢や社会階層の近い人・ちょっとだけ斜め上の人に話を聞きに行かないと、経験の浅いうちは共感できないでしょう。。。(2012/06/16)

 読んでいて机上の空論に感じているのは、私だけではないかと思います。学生さん達は、”クルマ”に関する知識(クルマそのもの、クルマ産業,クルマの保有状況等のデータ)が無い上に、“仮説・検証”,”ディベート”,”ディスカッション”等のツールに関しても活用していない状況で、この企画を進行させることは無理があるのでは?と考えています。先ずは、それらを習得させることが先決だと思います。 それから、アウディーが、何故、”先進性”という言葉を使用しているか良く考える必要があると思います。(2012/06/16)

最初の課題を読み替えれば、「1.(ドイツプレミアムブランド3つの中で)慶大生(のOB)にアウディを選ばせるにはどうすれば良いか」でした。でも「2.プレミアムブランド車を選ばせるには」「3.そもそも車に興味を持たせるには」も必要になりました(2と3が無ければ市場が先細りになるので)。「4.若者が車を買えるのか」は無視するとして、2と3も大人たちの想定を越えているのか、そもそも学生にどう助言するか各人の意思疎通が図られていないように感じます。また「まずは試乗してみる」「食べてみる」というアドバイスは、「これは楽しい」「これは美味しい」という回路が無い子供には継続の動機付けとして不十分です。ここで2と3を読み替えて、「嗜好品摂取を習慣化するにはどうするか」とします。コーヒーでもタバコでも酒でも、最初から美味しかったですか?車が不要な子供に車に興味を持たせるには?一つの文化が次の世代にどのように伝わるか、親や先生が教え込むのか、それとも同じ集団の年長の仲間が見せるのか、どうでしたか?。慶大生の皆さん、自分たちの資源であるゼミ仲間、サークル仲間、バイト仲間、他校・社会人の友達、親戚知人など、(編集長やサッカー選手では無く)親近感の有るちょっと年長者に話を聞きに行くべきです。三田だけじゃなく日吉や藤沢や、教職員も良いです。(2012/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長