• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オフィスグリコ、ヒントは富山の薬売りじゃないです

江崎グリコ相川昌也 オフィスグリコ推進部部長(前編)

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年7月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 矢野経済研究所によると、量販店、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、駅構内売店などの小売り流通チャネルにて販売される菓子類の市場規模は2兆円強といったところで堅調に推移しているようだ。しかし、毎年成長を続けているわけではない。むしろ2009年からは漸減している。

お菓子がオフィスで食べられている

流通菓子市場規模推移
注1:メーカー出荷金額ベース
注2:(見)は見込値、(予)は予測値

 そういったなか、10年前に登場し、年々売り上げを伸ばしている“お菓子箱”がある。江崎グリコがオフィスグリコとして展開する「置き菓子」だ。ちなみに「置き菓子」という言葉も江崎グリコの登録商標となっている。

 このオフィスグリコ、2002年の大阪・東京での本格サービス開始から、現在は57の販売センター、11万3000台のリフレッシュボックスを展開し、2011年度は約41億円を売り上げたというから驚きだ。しかし、この市場はまさに“開拓の歴史”とともにあった。その開拓の主、オフィスグリコ推進部長の相川昌也氏に話を聞いた。

相川昌也オフィスグリコ推進部長 (写真:石塚龍彦)

コメント1

「+αの現場力 」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長