• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

オフィスグリコ、「カエルの集金箱」の秘密

相川昌也 江崎グリコ オフィスグリコ推進部部長 後編

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編から読む

ビジネス特許取得のお菓子入れ替え術

 売れる自動販売機は、商品は変わらず訪れる人が変わる。それとは逆にオフィスグリコではお客様である職場の人は変わらない。そこで逆転の発想で、商品を変えるようにしたと相川部長は言う。 

相川昌也オフィスグリコ推進部長(写真:石塚龍彦)

「まず、24個置いたお菓子は、1週間経つといくつか減っています。しかし、減ったからといって単純に減ったお菓子を補充するわけではありません。『今回は、このお菓子を全部、売れ残りがあっても入れ替えてください』とスタッフに指示して、3回伺う、つまり3週間で全部の商品が入れ替わるようになっています。

 サービススタッフには、今週はこの商品は必ず引き上げなさいという指示が出ているだけです。システム上ではすべての商品の賞味期限を管理しているのですが、スタッフには日付を管理しなさいということではなく『この商品を引き上げてください』という指示をメインにしています。

 オフィスグリコのサービススタッフは1日4時間労働の主婦のパートさんたちです。それぞれに能力差があるので、あまり複雑な指示を出しても間違いの元になります。日付の管理もお願いするとなると「日付の印字が見えない」なんてことが起こってきます。ですから彼女たちへの指示は行動面を意識しておこなっています。

 一般の店舗の場合、お客様の家族構成などを分析して商品をそろえますが、オフィスグリコではそれをやらず、むしろ意外性をとろうという戦略です。極端な場合、ある週の商品は全く売れないということもあるかもしれませんが、我々はお客様に楽しみを与えたいのです。

コメント8件コメント/レビュー

回収率についてのコメントが多いので一言だけ・・・・・「日付の印字が見えない」なんてことを言うパートの人がお金の計算をちゃんとできると思いますか?現金商売をやった事のある人であればわかると思いますが、現金残高が合わない原因をある程度把握した上で、黙認している部分もあるのです。あまり度がすぎると、徹底的に追及するのは言うまでもない事ですが・・・・(2012/07/13)

「+αの現場力 」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

回収率についてのコメントが多いので一言だけ・・・・・「日付の印字が見えない」なんてことを言うパートの人がお金の計算をちゃんとできると思いますか?現金商売をやった事のある人であればわかると思いますが、現金残高が合わない原因をある程度把握した上で、黙認している部分もあるのです。あまり度がすぎると、徹底的に追及するのは言うまでもない事ですが・・・・(2012/07/13)

コンビニの大手寡占化が進み、卸業者との力関係が逆転しつつある中、有料試食とは面白い発想ですね。想定顧客層が異なれば、コンビニでは弾かれてしまった商品が思わぬロングヒット商品に化けるかもしれませんし、ヒットすれば商品開発費用も回収できて一石二鳥。食品廃棄の問題が世間を騒がす中とても興味深い取組だと思います。(2012/07/12)

オフィスグリコさんは「職場のリフレッシュ」を目標に掲げています。払っている方々にとっても「払わないやつがいる」と不快にさせる仕組みが果たしてオフィスグリコさんの目指すものに沿うのでしょうか? スタッフの方々のモチベーションにも影響し、先細るだけでしょうから、間違っても経営陣の方々は、回収率改善のみを主眼とした指示を出さないでいただきたいですね。前半に掲載されていた回収率改善のアイディアは、目標に沿いつつ回収率を改善する見事なものと思いました。15 年掛けて築き上げたものとの事ですが、やはり一朝一夕には行きませんね。試行錯誤あるのみです。(2012/07/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授