• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本のバイオマス政策はなぜ迷走したのか

事業のほとんどが採算合わず

  • 泊 みゆき

バックナンバー

2012年7月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2011年2月に総務省のバイオマス政策評価で、「1374億円以上かけて国が行ってきたバイオマス政策によるバイオマス関連事業214事業中、効果が発現しているものは35事業で、これらにも施設の稼働が低調なものが多い」と指摘されたことを第4回で紹介した(バイオマスに関心のある方は、ぜひこの報告書を読むことをお勧めする。日本のバイオマスの状況について、非常に緻密に調査されている)。

 この総務省の評価にも、バイオマスに長年かかわっている人間には、後出しじゃんけんだと感じる指摘や評価の仕方として疑問を感じる内容もある。例えば、事業が計画された時点ではあまり認識されていなかったライフサイクルアセスメント(LCA)を持ち出したり、マテリアル利用を資源有効利用ではなく温暖化対策効果で測ろうとしたりする点だ。

 そうは言っても、特に公的機関や第三セクター、森林組合が行っているバイオマス事業のほとんどで採算がとれていないのも事実である。

 ブラジルのエタノールやその製造過程で出る副産物の利用、あるいはヨーロッパにおける木質バイオマスの成長など、海外では成功例を多く見聞きするのにかかわらず、日本ではなぜこのような事態に陥ったのだろうか。

化石燃料に勝てない

 バイオマスなど再生可能エネルギー利用が進んでいるヨーロッパ諸国とくらべ、日本では化石燃料の枯渇性や気候変動リスク、大気汚染の影響などの社会的負荷を価格に反映させる、すなわち外部経済性を内部化する制度がこれまでほとんど実施されてこなかった。具体的には、炭素税、再生可能エネルギー全量買い取り制度(FIT)、排出権取引制度などだ。

 このため、環境など社会的コストがかかるが見かけ上の価格が低い化石燃料などが、好んで使われ続けてきたのである。それが、化石燃料に対してバイオマスが競争力を持ちにくかった理由の1つとなっている。

 北欧やドイツで木質チップやペレットが使われるのは、市民の環境意識が高いからというより、炭素税などによって、化石燃料より安いからである。

 この点については、今年7月からFITが始まり、炭素税(地球温暖化対策税)も同じく10月から導入されることが決まった。制度の成否は設計が適切かどうかによるが、一歩前進したと言えよう。

コメント2件コメント/レビュー

『日本のバイオマス政策はなぜ迷走した』と言うほどの実績は無いでしょう。日本はバイオマス先進国と比べて、未だ始めたばかり。確かに森林資源は豊富であるが、殆どが山地であり、急な斜面も多い。開発のベースになる林道の整備も簡易林道で本格的に動き出したばかりと聞く。記事では補助金制度の批判を行っているが、確かに多くの場合に於いて補助金制度は利権や不正の温床になり易く、制度全体が整うまでの暫定期間だけであれば良いが、長く続くとろくな事は無い。「専門的な政策担当者がいない」という指摘も最もだが、同時に日本の森林を管理する林業や杉一辺倒の植林等基礎的な問題も多い。国土保全の観点からの見直しも必要だし、日本のバイオマスの中心になるであろう林業バイオマスはそれらの基本政策が確り固まった後でないと、小手先だけでは何度でも「迷走」する事になる。他国での成功例を説明されても、その多くは日本に当てはまらない事が多い。ブラジルのエタノールの成功は逆立ちしても真似る事は出来ない。耕作面積の規模が桁違いなのだから。この記事は問題点ばかりは指摘するが、助言らしきものが皆無、又はあやふやな内容ばかりで今後のバイオマスの進路決定の参考にはならないのではないか。日本固有の自然環境や経済環境等をベースにどの様な形態のバイオマスが適しているのか、その場合の税制や補助金等の制度のあり方まで提言して欲しいものである。(2012/07/04)

「再生可能エネルギーの雄、バイオマスの底力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『日本のバイオマス政策はなぜ迷走した』と言うほどの実績は無いでしょう。日本はバイオマス先進国と比べて、未だ始めたばかり。確かに森林資源は豊富であるが、殆どが山地であり、急な斜面も多い。開発のベースになる林道の整備も簡易林道で本格的に動き出したばかりと聞く。記事では補助金制度の批判を行っているが、確かに多くの場合に於いて補助金制度は利権や不正の温床になり易く、制度全体が整うまでの暫定期間だけであれば良いが、長く続くとろくな事は無い。「専門的な政策担当者がいない」という指摘も最もだが、同時に日本の森林を管理する林業や杉一辺倒の植林等基礎的な問題も多い。国土保全の観点からの見直しも必要だし、日本のバイオマスの中心になるであろう林業バイオマスはそれらの基本政策が確り固まった後でないと、小手先だけでは何度でも「迷走」する事になる。他国での成功例を説明されても、その多くは日本に当てはまらない事が多い。ブラジルのエタノールの成功は逆立ちしても真似る事は出来ない。耕作面積の規模が桁違いなのだから。この記事は問題点ばかりは指摘するが、助言らしきものが皆無、又はあやふやな内容ばかりで今後のバイオマスの進路決定の参考にはならないのではないか。日本固有の自然環境や経済環境等をベースにどの様な形態のバイオマスが適しているのか、その場合の税制や補助金等の制度のあり方まで提言して欲しいものである。(2012/07/04)

 筆者は、バイオマスの苦戦状態を、もっぱら政府の無策、悪策のせいだと断じているが、バイオマスそのものの根源的欠点に気づいていない。それは、ほかの自然エネルギーと同様、バイオマスも結局「太陽光の利用」という点に帰結するものである。太陽光の利用では、常に「エネルギー密度」が考慮される必要がある。薄く広く分散している太陽光エネルギーを、人間に役立つ形や量に集約するためには、得られるエネルギー以上の、別のエネルギーを消費するという、熱力学的な限界があるのだ。バイオマスもこの限界からフリーではない。(electron_P)(2012/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長