• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フライングで実施した授業が新聞に載り、ルワンダ教育省が激怒!

資金不足でプロジェクトにブレーキ、それでも私立高校でトライアルへ

2012年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「5大陸『ドラゴン桜』」実現を目指し、世界中を駆け回っている早稲田大学学生の税所篤快さん。前回紹介したように、バングラデシュでは今年、e-Educationの効果を学術的に証明するため、4カ所の村で映像授業を実施中だ。5大陸のうちの1つ、アフリカ大陸・ルワンダではどのようにプロジェクトを進めつつあるのだろうか(著者の最近の活動についてはこちら)。

 僕たちは現在、バングラデシュと同時に、アフリカ大陸のルワンダとヨーロッパ大陸のヨルダン・パレスチナ難民キャンプでe-Educationを進めています。

 ルワンダでは、理科室が不足していて充分な科学実験ができない背景から「ルワンダで科学実験をやらせたらNO.1の先生」による映像授業を行うことを決めていました。ルワンダの教育省との交渉で、基本的な了解も取っていました。ところが、いざ一緒にプロジェクトを進めてみると、やはり相手は官庁です。ペーパーワークの山が待っていて、なかなか前に進むことができませんでした。ルワンダに来る前は「小さい国だから政府も小回りがきいているのではないか」と期待していたのですが。

 たとえば授業の撮影を行うために、ルワンダ国内で評判の良い先生を探そうと思ったら、それだけで実に面倒な手順を踏まなくてはなりません。先生をどういう基準で選ぶのか、先生が教員資格を持っていることをどう証明するのかといったことで、何度も教育省とやり取りし、書類を作成しなくてはなりませんでした。1カ月間、事務作業に追われ、プロジェクトはほとんど進みませんでした。

 その時、僕たちの手元にあった資金は20万~30万円ほど。十分な資金があるわけではないので、僕たちはまずは1つの公立学校で、小さなトライアルに挑戦するつもりでした。ところが、教育省は、100万~200万円の資金を用意し、ある程度の規模で実施しろと言います。そんなに急に100万円も資金調達はできない僕らは「こうなったら高田馬場の学生ローンか!?」という強硬意見が出る中で、粘り強く交渉をしました。しかし、見解の違いを埋めることができず、4月中旬、プロジェクトは止まってしまいました。

 そこで僕の悪い癖が出てしまいました。物事が進むのがあまりに遅いし官僚的なので頭にきてしまい、「勝手にやってやる!」と思ったのです。はい。すいません。グラミン銀行のインターン同期で、海外青年協力隊でルワンダに滞在している村上由里子さん、e-Educationのパートナーであるルワンダ国立大学のルウェナ・アレックスと一緒に、独自に動き出しました。

 生徒に聞き込みをして、ルワンダでNO.1と評判の「リセードキガリ高校」の名物科学教師「ジェラルド先生」を探し当てました。ルワンダは1994年の大虐殺で先生も失っていたので、良い高校は外国から優秀な先生をヘッドハントしているのです。ジェラルド先生も隣国ウガンダ出身でした。そのジェラルド先生と交渉し、「高校卒業試験ここが大事だよ!科学実験10選」の授業を教育省には内緒で4月に収録しました。

実験をしてくれるジェラルド先生

 同時並行で、農村部の科学実験室がない高校をまわり、e-Educationを「やりたい」という校長先生を探しました。すると首都キガリから3時間ほどの、ルワンダ南部のギコンゴロという村の高校の校長先生が「ぜひうちの高校の生徒に科学実験を!」とラブコールを出してくださいました。こうしてご縁をいただいた僕たちは虐殺の白骨が残るギコンゴロの地で映像授業を開始することになったのです。

コメント1

「“ドラゴン桜” 早大生 バングラデシュから世界へ 第2幕」のバックナンバー

一覧

「フライングで実施した授業が新聞に載り、ルワンダ教育省が激怒!」の著者

税所 篤快

税所 篤快(さいしょ・あつよし)

「e-Education」創業者

NGO「e-Education」創業者。1989年、東京都足立区生まれ。早稲田大学卒業後、英ロンドン大学教育研究所(IOE)修士課程に在籍。同NGOは映像授業を活用しバングラデシュなど17カ国で教育支援を実施している

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長