• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

パレスチナで女子高生へも映像授業

資金不足の中、学習障害支援の分野でのコース開発へ

2012年7月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「5大陸『ドラゴン桜』」実現を目指し、世界中を駆け回っている早稲田大学学生の税所篤快さん。3月にわずか12日間の滞在でe-Educationを実施することを決めたヨーロッパ大陸・ヨルダンでは、パレスチナ難民キャンプを起点に、また新たな展開が進みつつある。

 税所くんの最近の活動についてはこちらを。

 アフリカ大陸のルワンダに先行して、「ドラゴン桜」が進みつつあるのがヨーロッパ大陸・ヨルダンのパレスチナ難民キャンプです。3月、バングラデシュからルワンダへ向かう飛行機がヨルダン経由だったことから、たまたま立ち寄り、貧しいパレスチナ難民が教育格差の壁にぶち当たっている現状を目の当たりにして、わずか12日間でe-Educationを行うことを決めたのでした。

 「パレスチナ難民キャンプ版『ドラゴン桜』」はサイト上で支援者を募る「Ready for?」で寄付を集めていました。その結果、90日間で150人の方から92万8000円の資金が集まりました。目標額は50万円でしたから、大幅に上回る成果です。本当に有り難いことです。支援してくださった方々には心から感謝しています。

 パレスチナ難民キャンプでは大学受験でニーズの高い数学の授業に特化し、現地パートナーのハニーン・ヘルワの出身高校で映像授業を行っています。映像授業の撮影に協力してくれたのは大手予備校のムハマド・サーレ先生。現地では「数学の巨人」として大学受験業界に君臨している有名人です。

サーレ先生(左から3人目)と筆者(右から2人目)

 サーレ先生もパレスチナ人で難民キャンプ出身です。どの国でも、先生との間の値段交渉はシビアですが、サーレ先生は現在、e-Educationを進めている3大陸の中で唯一、“出演料”を請求しなかった先生です。サーレ先生はBMWを乗り回しているようなお金持ち。お金は既に十分持っていることもあり、「お金なんていらないよ。パレスチナの子どものためならね」と24時間分の映像授業を無償で提供してくれています。

 「パレスチナ難民キャンプ版『ドラゴン桜』」では力強い仲間もいます。現地パートナーのハニーンのほか、友人の伊賀友美さんが、大学を休学してヨルダンに駆けつけ、プロジェクトに参加してくれているのです。

 こうしたバックアップの中、4月7日、キャンプ内の女子校の生徒55人に対して数学の映像授業をスタートしました。当初、先生とのコミュニケーションミスで、高校2年生の生徒だけが40人集まってしまったため、急遽、受験生である高校3年生の生徒を15人追加しました。

 毎週土曜日にサーレ先生の授業をDVDに収録し、翌週の木曜日に学校で映像授業を行っています。学校側が非常に熱心で、先生達主導で、教室の運営、生徒への指導などをどんどん進めてくれています。

 生徒達の反応は良好で、「とても勉強になっている」という感想が多いのですが、結果は、ふたを開けてみないとわからない。本番の大学受験は6月28日に行われました。少しでも良い結果が出ることを祈っています。

コメント0

「“ドラゴン桜” 早大生 バングラデシュから世界へ 第2幕」のバックナンバー

一覧

「パレスチナで女子高生へも映像授業」の著者

税所 篤快

税所 篤快(さいしょ・あつよし)

「e-Education」創業者

NGO「e-Education」創業者。1989年、東京都足立区生まれ。早稲田大学卒業後、英ロンドン大学教育研究所(IOE)修士課程に在籍。同NGOは映像授業を活用しバングラデシュなど17カ国で教育支援を実施している

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官