• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「中古購入+リノベーション」続々登場!ワンストップサービス!

  • 村島 正彦

バックナンバー

2012年7月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中古住宅を買って、自分の暮らしに合わせてリノベーションする。そんな願いをかなえてくれるのが、いま注目されるワンストップ型の事業者だ。中古住宅への注目が集まるが、「古さ」ゆえの見劣り、大規模リフォーム=リノベーションを行うとなると煩雑な手続きや時間がかかるなど、「新築」と比べると消費者が二の足を踏む課題は多い。

 リクルート住宅総研の調査によると、住宅購入検討者のうち、過半の人が「中古を検討する」という。中古住宅への関心が高まっていることがうかがえる。

 ところが、検討段階に「中古住宅を見た人」の約6割が、購入意欲が減退したという。

 中古を検討したものの購入しなかった人の挙げる理由としては「新築の方が気持ちよい」というのが筆頭。それ以外は「住宅の性能」や「価格」、あるいは「購入後のリフォーム」などについての不安が多いという。

 一方、購入検討者に対して「中古住宅+リノベーション」について示し、検討の意向を質問したところ、全体の約6割が検討に前向きという回答結果だった。

 また、これまで中古住宅は、トイレ・浴室、キッチンなどの水まわり設備の交換や、壁紙の貼り替えなど、費用を抑えた最小限のリフォームを行って、中古市場に出されることが多かった。このような、売り手や仲介事業者が行うリフォームでは、買い主が求めるものと違ったり、結局、趣味に合わないためリノベーションをやりかえたりと不合理な面がある。できれば、買い主の意向に沿ったリノベーションを行うことが望ましい。

「中古住宅+リノベーション」の不安

「マンション・戸建て 中古の正しい選び方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長