• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意

ガマンしないエアコン節電術

  • 和田 由貴

バックナンバー

2012年7月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 梅雨が明けたら一気にうだるような暑さ。今年も厳しい夏がやってきました。昨年は関東、東北を中心に厳しい節電要請がありましたが、今年も電力需給がひっ迫。全国的に節電の態勢が敷かれています。特に関西電力管内では深刻な状況というのはご存じの通りです。

 本当に電力不足は起こっているのか、原発再稼働の是非など様々な議論はともかく、これからの私たちの生活を見直すという意味でも個々が節電に取り組んでいくことは必須です。

WとWhを子供に説明できる?

 節電を語る前に、消費電力(W)と消費電力量(Wh)の違いはしっかり意識したいところ。子供に質問されたら、正確に答えることができますか? まずは、「W」と「Wh」の違いをおさらいします。

 消費電力は「その製品を動作させるために使用する電力」で、消費電力量は「トータルで使用した電力量」。時速と走行距離の関係と同じと考えるとわかりやすいと思いますが、消費電力は使用しているその瞬間にかかっている電力(時速何kmで走行しているか)で、その製品を何時間か使用した時どのくらい電力を使用したのか(何km進んだのか)ということになります。

 単純に使用する電力量を減らしたいとか電気代を安くしたいということであれば、消費電力量を減らすことに徹すればいいのですが、今問題となっている電力の供給不足については消費電力の方に気を付けなければなりません。

 発電施設の電力供給能力は、日中も夜間もほぼ同じ。ですが、当然ながら人が活動をする日中の方が電力の需要は大きくなります。特に夏場の日中ともなればエアコンの使用などで需要の差が非常に大きくなります。

 電力はためておくのが容易でないため、夜間は電力が余っていても昼間に回すことはできません。そこで、今言われている電力不足に対応するには、ピーク時に集中して電力を使用することを避ける「ピークシフト」という考え方が大事です。

 夏の電力需要が急増する時間は朝9時頃。そしてそれは夜20時頃まで続きます。特に13時から16時までの時間帯は年間を通しても最大。この時間に、瞬間的に大きな消費電力がかかる製品、例えば電子レンジ、IHクッキングヒーター、ドライヤーなどの使用を避けると、ピークの山を低くできます。電力会社はピークの高さに合わせて供給力を決めており、ピークを下げることが電力不足の解消につながるのです。

夏期の1日の電力需要(最大需要発生日)
出所:資源エネルギー庁推計

コメント4

「今こそ考える暮らしのエネルギー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長