• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ミサイルの足かせ」はずそうと米国に「NO!」と言う韓国

離米従中にまた一歩、“不平等条約”は破棄か無視?

2012年7月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国が米国に抗う。「米国に制限されてきた弾道ミサイルの射程距離を伸ばすつもりだ。許さないなら“不平等条約”を破棄する」――。突然の反抗劇の裏に何があるのか。

「米国から主権を取り返そう!」

 韓米両国は昨年1月から韓国の弾道ミサイルの性能制限に関し協議中だ。韓国の要求は(1)射程距離の上限を現行の300キロメートルから800キロメートル以上に伸ばす(2)弾頭の重量制限を現行の500キログラム以上に増やす(3)独自開発の無人偵察機の重量制限もなくす――だ。

 これまでに米国は「射程距離の上限を550キロメートルに引き上げる」と譲歩した。しかし韓国は「最低800キロメートル」を譲らず、交渉は暗礁に乗り上げている。

 そこに突然、最大手紙、朝鮮日報のキャンペーンが始まった。7月16日から21日まで連載された特集記事のタイトルは「経済トップ10の大韓民国 安全保障の足かせを解こう」。6日連続で、社説まで含めると48本もの記事で構成された異例の大特集だ。同紙が言いたいことはただひとつ。「国家主権を取り返し、ミサイルの射程を伸ばそう!」である(注1)

日本だって持てるのに

 同紙の7月17日付社説「時代遅れの『韓米ミサイル指針』改正を」がもっとも手際よく韓国の主張をまとめている。以下の通りだ。

 「1979年、韓国の弾道ミサイル開発を懸念した米国から『射程180キロメートル、弾頭重量300キログラムに制限しろ』と要求された。国力の乏しかった当時の我が国は従わざるを得ず『韓米ミサイル指針』として受け入れた」

 「2001年の交渉でようやく射程制限を300キロメートルに伸ばせた。だが、まだ不十分。北朝鮮の先制攻撃を受けた場合、被害を受けにくい韓国の南端からミサイルで北朝鮮の最北部に反撃するには、800―1000キロメートルの射程距離が必要だ」

 「北朝鮮は射程1300キロメートルの(中距離弾道)ミサイルを実戦配備済みだ。中国も射程1万2000キロメートルを超える大陸間弾道弾(ICBM)を保有する。日本だって直ちにICBMに転換できる3段式の固体燃料ロケットを持つ。我が国だけが300キロメートルの(短距離)ミサイルに足かせをはめられているのだ」

(注1)拙著のシュミレーション小説『朝鮮半島2012年』には、韓国紙の社説がミサイル射程距離の制限問題も使って反米感情を煽るくだりがある(174ページ)。

コメント7

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「ミサイルの足かせ」はずそうと米国に「NO!」と言う韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長