• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

異常気象の原因は、温暖化よりも森林減少ではないか

生物多様性至上主義者からの提案

2012年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このコラムでも何度か表明しているように私は生物多様性至上主義者だ。内外を問わず「経済政策」や「国家安全保障政策」と「生物多様性の保全」の利害がぶつかったら迷うことなく「生物多様性の保全」を選択する。まあ、狂信者と言ってもいいだろう。なので、本項を読んで賛同する必要は全くないが、ビューポイントを複数持つと物事が立体的に見えてくるのも確かなので、そんなつもりでご笑覧いただければ幸いである。

環境問題のチャンピオン「温暖化」

 一般の人にとって環境問題で一番身近なのは温室効果ガス<注1>による地球温暖化である。

<注1>二酸化炭素以外にも多くの物質が温室効果を持つが、地球上に存在する量、人間活動と発生の因果関係から二酸化炭素をメーンターゲットとしているので本項でも「温室効果ガス≒二酸化炭素」と考えることにする。

 「地球は人間生活に由来する二酸化炭素の過剰な発生によって温暖化の道を突き進んでおり、近年の様々な異常気象はこの温暖化ゆえである。このままだと南極の氷が溶けて海水面の上昇によりいくつかの島は沈没し、暑熱に耐えられずに動植物が絶滅する。人間が自分たちを含めたこの地球の生態系を維持する為には二酸化炭素の発生を抑制しなければならない」。後半の温暖化による地球環境の変化とその帰結については多少異論はあるにしても、社会全体を覆うコンセンサスはこんな感じではないだろうか。

 狂信者である私は個人的には大変怪しいと思っているので、それについて書いてみることにする。あ、その前にはっきりさせておきたいのだが、二酸化炭素は温室効果ガスであり、二酸化炭素の増加が温暖化を招くというロジックは実験室レベルで証明されている事実である。筆者もその点については疑問を持っていない。

森林の減少の方が問題だ

 まず問題になっている異常気象について考えてみる。

 異常気象の定義が難しいのだが、局地的な豪雨、高温、大雪、竜巻、強風などは、最近確かに増えているような気がする。近頃のメディア(特にワイドショー的番組)では、こういう現象が発生すると短絡的に「地球温暖化の影響で…」と紹介されることが多いようだが、私はそんなことはないと思うのだ。

 二酸化炭素の排出による微妙な温暖化がメーンの原因ではなく、どちらかと言うと、太陽光、水(水蒸気)、空気、温度差といったいくつかの気候要因を全体的にマイルドに調整する「森林」というバッファーが失われた結果、局地的に極端な気象状況が生まれていると思うのだがどうだろう。

コメント6

「生物資源ハンターがジャングルを行く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官