• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

林業と山村を救うバイオマス・エネルギー

山形県にみるバイオマス事業化のヒント

2012年8月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 再生可能エネルギーの主役の一つはバイオマスである。バイオマスは、生物資源(バイオ)の量(マス)を表しており、動植物から生まれた再利用可能な資源を意味する。

 バイオマスには木質、廃棄物、下水汚泥、蓄糞、食品残渣など多くの種類がある。またエネルギーとしては、電気、熱、燃料という形態で利用できる。燃やす場合も、そのまま燃やす場合、ペレット、ガス、液体など利用しやすい燃料に形を代えたうえで燃やすなどのバリエーションがある。

 電力利用にかかわる再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)では、建設廃材などのリサイクル系、一般廃棄物などの廃棄物系、製材工場残材などの一般木材、間伐材などの未利用木材、下水汚泥・畜糞などのメタンガス系の5種類に区分され、それぞれに買い取り条件が設定された。

 それぞれ重要なバイオマスであるが、まずは木質バイオマスについて解説する。国土の約7割強が森林であり、林業再生とも深く関わる。地方では、より身近な存在であり、生活や慣習にも深く根ざしている。

単純ではない木質バイオマス利用の優先度

 木質に絞っても、種類やエネルギーの利用形態、関連技術、事業目的などは様々である。木質バイオマスは、本来林業の主産物である「用材」あるいはそれを加工した建材などから出る副産物(バイプロダクツ)であり、未利用資源、廃棄物の有効活用が目的となる。リサイクルやバイオマス利用の基本は、燃焼させる「サーマルユース」よりも「マテリアルユース」を優先するとされる。サーマルでもエネルギー効率の高い「熱」を「発電」よりも優先すべき、との主張が多い。しかし、優先順位の高いとされるものの市場が小さいと、利用が進まずに結果として産廃となり、膨大な処理コストがかかることになる。

 「木材チップ」は、ボイラーの主要な燃料となるが、製紙の原燃料として既に大量に使用されており、「准用材」のような領域である。さらに、林業政策の観点から、需給バランスのためには用材として利用可能なものも、エネルギー利用した方が社会的には望ましいという考え方もあろう(あまり表に出てこないが)。二酸化炭素の「吸収源」機能維持のために間伐は継続される。戦後70年近く経過し、大量に植林された針葉樹は伐採期に入っている。膨大な量の森林資源が山から下りてくる。用材として使うことにこだわると用材価格が暴落し、林業・製材経営が破綻するというシナリオもあり得る。これは、過疎地の崩壊を加速させるかもしれない。

 それを考えると、大量のバイオマスを消費する発電は、国産材流通システムが整備されるまでの間は、救世主であるかもしれない。こうした現状を認識したうえで、議論されているようには見えない。そもそも、林業・製材に関しては、マスコミの報道は少なく、世間の関心も高いとは言えない。再生可能エネルギーが注目を集める中で、それこそ国民的な議論を喚起し、林業や里山を考える契機にするべきである。

コメント2件コメント/レビュー

日本は国土の66%が森林で覆われている。にも拘らず木材を資源として十分に活用出来ていない。 林業は国内では将来性のある産業と見られていない事は残念である。若年失業者が多い日本で、木質バイオマスを柱に多くの職場を提供出来ないだろうか。森林は温室効果を押さえるエースであり、間伐材や製材ででる樹皮までも資源として活用する木質バイオマスは日本の救世主とも言える。太陽光発電の様な派手さはないが、日本の国土環境にはおあつらえ向きの再生可能エネルギーなのだ。 木質バイオマスが商売としても十分成り立つ様に買い取り価格を設定してもらいたいものだ。 太陽光パネルは10年を超えると発電効率が落ち始め、20年で寿命が来ると言われている。太陽光パネルのリサイクルは考えられているのか心配で、何もしなければ大量の廃棄物になってしまう。 その点でも木質パネルは安定した『再生』サイクルだといえる。 政府も民衆受けの良い太陽光ばかり優遇しないで、バイオマスや地熱といった日本の風土に適した再生可能エネルギーにもっともっと力を貸して欲しい。 因に私には林業に従事する親戚も友人もいない。 純粋に日本の為に良いと思ってこの意見を書いています。(2012/08/02)

「再生可能エネルギーの真実」のバックナンバー

一覧

「林業と山村を救うバイオマス・エネルギー」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本は国土の66%が森林で覆われている。にも拘らず木材を資源として十分に活用出来ていない。 林業は国内では将来性のある産業と見られていない事は残念である。若年失業者が多い日本で、木質バイオマスを柱に多くの職場を提供出来ないだろうか。森林は温室効果を押さえるエースであり、間伐材や製材ででる樹皮までも資源として活用する木質バイオマスは日本の救世主とも言える。太陽光発電の様な派手さはないが、日本の国土環境にはおあつらえ向きの再生可能エネルギーなのだ。 木質バイオマスが商売としても十分成り立つ様に買い取り価格を設定してもらいたいものだ。 太陽光パネルは10年を超えると発電効率が落ち始め、20年で寿命が来ると言われている。太陽光パネルのリサイクルは考えられているのか心配で、何もしなければ大量の廃棄物になってしまう。 その点でも木質パネルは安定した『再生』サイクルだといえる。 政府も民衆受けの良い太陽光ばかり優遇しないで、バイオマスや地熱といった日本の風土に適した再生可能エネルギーにもっともっと力を貸して欲しい。 因に私には林業に従事する親戚も友人もいない。 純粋に日本の為に良いと思ってこの意見を書いています。(2012/08/02)

セルロースは、燃料として発電に利用できるだけでなく、好気性・嫌気性細菌によるバイオエタノール・バイオブタノールの生成にも利用できるよう研究が進められています。このような非燃焼性の持続可能エネルギーもぜひ将来的にご考慮ください。(2012/08/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長