• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年度内にも法整備、超小型EVが街を走る

4人乗りの車はオーバースペック

  • 久川 桃子

バックナンバー

2012年8月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1~2人乗りのEV「超小型モビリティ」の開発が急ピッチで進み、間もなく日本の公道で日常的に走るようになる。なぜ、今、超小型モビリティを普及する必要があるのか。その狙いを、法律や補助金などの整備を進める国土交通省自動車使用適正化対策官の星明彦氏に聞いた。

(聞き手は久川桃子=エコマムプロデューサー)

超小型モビリティを普及させようという動きは、いつ頃から始まったのですか。

日産自動車の「New Mobility Concept」

 2008年にコペンハーゲンで開催されたCOP15(気候変動枠組み条約第15回締約国会議)にさかのぼります。当時の鳩山由紀夫首相は、2050年までに1990年比で二酸化炭素の排出を80%削減すると宣言しました。これは非常に野心的な目標です。これまでの延長線上で物事を進めていたのでは、決してクリアできない。当時もエコカー減税やエコカー補助金はありましたが、それを積み上げていても2050年の目標に向けては、持続可能性が全く見えてきませんでした。今までにはない革新的なアイデアが必要です。野心的な目標達成のために車の物づくりとして、何ができるだろうか? そう考える中で、超小型モビリティの概念が浮上したのです。

なぜ、超小型モビリティが、二酸化炭素の排出量80%削減への切り札になるのでしょうか。

 日本のエンジン燃費向上技術はすばらしいものがあります。しかし、これまでに技術が進歩してきたこともあり、燃費向上は限界に近づきつつあります。おそらく、今後10~20%の向上がせいぜいでしょう。これでは、二酸化炭素の80%削減の目標には到底届きません。解決しうるのは電気自動車(EV)しかありません。

 ところが、EVには航続距離の問題、バッテリーの制約があり、すべての車をEVにするのは不可能です。長距離を走る輸送用トラックなどは燃料電池車の可能性があるでしょう。EVに最も適しているのは近距離で、少人数で移動する車ということになります。

 一方、交通量に占める割合を見てみると、近距離、少人数での移動が非常に多いという現実があります。そこに合わせた車が、まさに超小型EV。だからこそ、切り札になると考えています。

 今の4人乗りの車は、生活の中ではオーバースペックで、実際のニーズには合っていないのだと思います。今までは、車は車、街は街、家は家でバラバラに進化してきました。しかしこれからは、人口減少、二酸化炭素、財政、いろいろな制約の中で、オーバースペックは許容できなくなり、車、街、家すべてが調和的に進化しなければならない段階にきています。

コメント1

「エコロジーフロント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師