• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

年度内にも法整備、超小型EVが街を走る

4人乗りの車はオーバースペック

  • 久川 桃子

バックナンバー

2012年8月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1~2人乗りのEV「超小型モビリティ」の開発が急ピッチで進み、間もなく日本の公道で日常的に走るようになる。なぜ、今、超小型モビリティを普及する必要があるのか。その狙いを、法律や補助金などの整備を進める国土交通省自動車使用適正化対策官の星明彦氏に聞いた。

(聞き手は久川桃子=エコマムプロデューサー)

超小型モビリティを普及させようという動きは、いつ頃から始まったのですか。

日産自動車の「New Mobility Concept」

 2008年にコペンハーゲンで開催されたCOP15(気候変動枠組み条約第15回締約国会議)にさかのぼります。当時の鳩山由紀夫首相は、2050年までに1990年比で二酸化炭素の排出を80%削減すると宣言しました。これは非常に野心的な目標です。これまでの延長線上で物事を進めていたのでは、決してクリアできない。当時もエコカー減税やエコカー補助金はありましたが、それを積み上げていても2050年の目標に向けては、持続可能性が全く見えてきませんでした。今までにはない革新的なアイデアが必要です。野心的な目標達成のために車の物づくりとして、何ができるだろうか? そう考える中で、超小型モビリティの概念が浮上したのです。

なぜ、超小型モビリティが、二酸化炭素の排出量80%削減への切り札になるのでしょうか。

 日本のエンジン燃費向上技術はすばらしいものがあります。しかし、これまでに技術が進歩してきたこともあり、燃費向上は限界に近づきつつあります。おそらく、今後10~20%の向上がせいぜいでしょう。これでは、二酸化炭素の80%削減の目標には到底届きません。解決しうるのは電気自動車(EV)しかありません。

 ところが、EVには航続距離の問題、バッテリーの制約があり、すべての車をEVにするのは不可能です。長距離を走る輸送用トラックなどは燃料電池車の可能性があるでしょう。EVに最も適しているのは近距離で、少人数で移動する車ということになります。

 一方、交通量に占める割合を見てみると、近距離、少人数での移動が非常に多いという現実があります。そこに合わせた車が、まさに超小型EV。だからこそ、切り札になると考えています。

 今の4人乗りの車は、生活の中ではオーバースペックで、実際のニーズには合っていないのだと思います。今までは、車は車、街は街、家は家でバラバラに進化してきました。しかしこれからは、人口減少、二酸化炭素、財政、いろいろな制約の中で、オーバースペックは許容できなくなり、車、街、家すべてが調和的に進化しなければならない段階にきています。

コメント1件コメント/レビュー

『超小型モビリティが一般の公道でも走れるような新しい認定制度を策定する方向で調整し、秋にも販売できるようになる見込み。』はgood news です。2009年に日産の「ランドグライダー」が参考出品されてから、何時発売されるのか心待ちにしていました。モビリティーコンセプトはランドグライダーから旋回時のボディーの傾斜等の機能を取り除いたシンプルなものになっていますが、短距離の使用には十分だと思います。気になっているのはドアはオプションで付いても腰から下の部分だけで、上半分は窓が無い。 先行している欧州に比べても雨の多い日本で屋根だけで横の窓が無いのは使い勝手が悪いのでは無いかと心配しています。 雨さえ防げれば材質や形状は拘らないのですが、何とか対策して欲しいと期待しています。 記事に書かれている様に、折角エコカーにしても「エコだから」と車のサイズを大きくしたのではエネルギーの総量減少には貢献しない。 だから、同じエコカーでも絶対的に燃費の良い車種のみ減税や補助の対象にすべきでしょう。 家電製品も同じで、省エネ型だからと冷蔵庫を二倍の容量のものに入れ替えていたのでは電力使用総量は減らないのです。我が家では現在2台所有している車の内1台が12年になるので、是非とも超小型EVに乗り換えたいと考えていますが、「窓無し」では再考せざるを得ません。(2012/09/28)

「エコロジーフロント」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『超小型モビリティが一般の公道でも走れるような新しい認定制度を策定する方向で調整し、秋にも販売できるようになる見込み。』はgood news です。2009年に日産の「ランドグライダー」が参考出品されてから、何時発売されるのか心待ちにしていました。モビリティーコンセプトはランドグライダーから旋回時のボディーの傾斜等の機能を取り除いたシンプルなものになっていますが、短距離の使用には十分だと思います。気になっているのはドアはオプションで付いても腰から下の部分だけで、上半分は窓が無い。 先行している欧州に比べても雨の多い日本で屋根だけで横の窓が無いのは使い勝手が悪いのでは無いかと心配しています。 雨さえ防げれば材質や形状は拘らないのですが、何とか対策して欲しいと期待しています。 記事に書かれている様に、折角エコカーにしても「エコだから」と車のサイズを大きくしたのではエネルギーの総量減少には貢献しない。 だから、同じエコカーでも絶対的に燃費の良い車種のみ減税や補助の対象にすべきでしょう。 家電製品も同じで、省エネ型だからと冷蔵庫を二倍の容量のものに入れ替えていたのでは電力使用総量は減らないのです。我が家では現在2台所有している車の内1台が12年になるので、是非とも超小型EVに乗り換えたいと考えていますが、「窓無し」では再考せざるを得ません。(2012/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長