• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

少子高齢化の韓国、ついに日本型デフレ突入か

成長率も14年ぶりに日本を下回る?

2012年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロンドン五輪の金メダルラッシュとは裏腹に、韓国経済がきしみ始めた。輸出に次いで内需も怪しくなってきたのだ。日本型デフレの兆候も現れている。ひょっとすると今年の実質経済成長率は14年ぶりに日本を下回るかもしれない。

輸出急減、景気失速の恐怖

 韓国各紙の1面は毎日、自己賛美の記事で埋まる。韓国選手が金メダルを“量産”、その数は現地時間8月7日現在、中国、米国、英国に次いで4位だからだ。それとは対照的に、経済面では景気失速への恐怖が語られている。

 まず、赤信号が灯ったのは輸出だ。7月の通関ベースの輸出(暫定値)は446億2200万ドルで、前年同月比8.8%減だった。年初からの輸出累計額も前年同期比でマイナスに転じた。船舶、鉄鋼製品、石油化学製品、携帯電話など主力製品の輸出が急速に落ち込んだためだ。これまで韓国経済をけん引してきた自動車の輸出も頭打ちになった。

 韓国の輸出額はGDP(国内総生産)対比で50%を超える。日本の10%台半ばと比べ、その輸出依存度の高さが際立つ。主エンジンの不調は、韓国では景気失速に直結する。

 輸出不振は資本逃避→通貨危機への懸念もかき立てる。海外から外貨を借りて経済を回している韓国には常にこのリスクがつきまとう。昨年秋も、日本と中国にいざという時には外貨を貸してもらえるスワップ協定を結び、何とか危機を食い止めた。

赤字は通貨危機の引き金

 1997年、2008年ともに、韓国の通貨危機は貿易赤字が引き金となった。今、韓国政府は貿易収支悪化に警戒を強める。しかし、7月1~20日の速報値が、欧州に続いて中国、中南米への輸出も前年同期比でマイナスに転じるなど悪材料が噴出する。

 7月の輸入は同5.5%減の418億7600万ドルで、27億4600万ドルの黒字を確保した。しかし、6月の49億900万ドルから急減した。6月までは輸出以上に輸入が減ることで貿易黒字が増える傾向にあった。しかし、7月に入って輸出入の減り方が逆転し、黒字が減り始めたのだ。

コメント2

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「少子高齢化の韓国、ついに日本型デフレ突入か」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長