• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

銅メダルかけ宿敵韓国と激突する日本代表の試練

メキシコ戦で露呈した“弱点”への対応がカギに

2012年8月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8月7日(現地時間)、英ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたロンドン五輪男子サッカーの準決勝。関塚隆監督率いる日本五輪代表はメキシコ代表と対戦して1―3で敗れ、初めての五輪決勝進出を逃した。

 しかし、まだメダルを手にするチャンスは残されている。本日(日本時間では11日未明)に英カーディフで行われる3位決定戦で韓国に勝利すれば、1968年のメキシコ五輪以来、44年ぶりの銅メダルを獲得する。

 一方、準決勝でブラジルと戦って0―3で敗れた韓国にとっては、五輪で初のメダル獲得を目指す戦いとなる。

 アジアの宿敵を相手に関塚ジャパンはどのような戦いを挑むのか。3位決定戦の行方を占うために、データに基づいてメキシコ戦を振り返ってみよう。

メキシコ相手に完敗した真因

 試合後のメディアの報道では、敗因を日本選手の疲労や一瞬の気の緩みが招いた失点に求める声が少なくない。確かにいずれも敗戦の一因ではあろう。しかし私は、最大の敗因は別にあると見る。それは、関塚ジャパンが1次リーグから準々決勝のエジプト戦まで一貫してきたスタイルをこの試合では貫けなかったことだ。

 なぜ貫くことができなかったのか。メキシコが日本のスタイルを研究し、それをうまく封じ込めたからにほかならない。

 メキシコ代表のサッカーは、ショートパスをつないで相手を崩すスタイル。その点は、1次リーグ初戦で日本が破ったスペイン代表によく似ている。さらにフィジカルが強く、技術も高いので、個の力で局面を打開することもできる。こうした強さが認められ、大会前から優勝候補の一角に挙げられていた。

 日本は五輪開幕直前の7月21日、親善試合でこの強豪と対戦。2-1のスコアで勝利を収めた。しかし、ボール支配率はメキシコの63.5%に対して日本は36.5%。試合の主導権は相手に握られていた。親善試合とは真剣味が異なる五輪本番の試合では、さらにメキシコに押しまくられる展開も予想された。

 日本は、負傷で出場が危ぶまれていた永井謙佑を先発に起用し、準々決勝のエジプト戦と同じスターティングメンバーで試合に臨む。そして、前方からプレスをかける一方で、自陣で強固な守備ブロックを形成し、堅守からカウンターによる速攻を仕掛けるという今大会を通じて一貫した戦術を展開しようとした。

 前半立ち上がりの数分間は互いにボールが収まらなかったものの、前半5分に清武弘嗣がロングシュートを放ち、前半7分には東慶悟が永井へスルーパスを通すなど、次第に日本がペースをつかむ。

コメント5

「「ビッグデータ」で読み解く現代サッカーの神髄」のバックナンバー

一覧

「銅メダルかけ宿敵韓国と激突する日本代表の試練」の著者

永野 智久

永野 智久(ながの・ともひさ)

スポーツアナリスト/アンドスポーツ代表

「巧みなワザやコツの可視化」をテーマにスポーツ選手のパフォーマンスを定量的に評価する研究に取り組んでいる。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)