• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「財務力」も「成長力」も高い経営を徹底解剖

本当に強い中小企業ランキング(前編)

  • 日経トップリーダー

バックナンバー

2012年8月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

どんな環境激変にも耐え、成長を続ける──。それこそが、本当に強い中小企業の姿だ。要となるのは、「自己資本比率」と「売上高成長率」の高さ。2つを両立する企業をランキングし、至高の経営手法を探った。

 波風が立とうとも倒れない確かな財務基盤を持ち、着実に成長を重ねる。そんな強い中小企業の特徴は、自己資本比率と売上高成長率という2つの指標に端的に表れる。そこで日経トップリーダーは東京商工リサーチと共同で、これらの指標を基に全国の中小企業をランキングした。

全国約40万社の中小企業(中小企業基本法上の「中小企業」に該当する企業。ただし従業員は30人以上)を「自己資本比率(%)×売上高成長率(%)」のポイント値で上位からランキング。自己資本比率が50%以上の企業を抽出。売上高成長率は「直近期の売上高÷5期前の売上高」(ただし、5期前と直近の売上高がいずれも1億円以上)。また直近期が経常赤字の企業は除いた
全国約40万社の中小企業(中小企業基本法上の「中小企業」に該当する企業。ただし従業員は30人以上)を「自己資本比率(%)×売上高成長率(%)」のポイント値で上位からランキング。自己資本比率が50%以上の企業を抽出。売上高成長率は「直近期の売上高÷5期前の売上高」(ただし、5期前と直近の売上高がいずれも1億円以上)。また直近期が経常赤字の企業は除いた

 上位にランクインした企業は、IT(情報技術)や医療といった成長業種ばかりではない。首位の佐須田建設は、地域に根差した社員30人程度の小さな建設会社だ。利幅が薄いと言われる小売業や卸売業でも、財務力と成長力に秀でた企業が幾つも見られる。

 ただし、最初から強かった企業はない。苦しいときも努力と工夫を重ねて着実に利益を出し、少しずつ自己資本を積み増してきた。そして守ってばかりではなく、ここぞというタイミングでは、その資本を使って一気に攻めに転じている。

 興味深いのはこれらの中小企業が、必ずしも独自の強い商品やサービスを持っていないことだ。強い企業を作り上げるのは、結局のところ経営者の舵取りである。総合ランキングで首位となった佐須田建設の例を見てみよう。

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長