• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

李大統領を竹島に上陸させたのは朴槿恵?!

退任後に逮捕されることへの「恐怖」

  • 重村 智計

バックナンバー

2012年8月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

始まりは、指導者の判断ミス

 国際紛争が起こる大きな原因の1つは「指導者の判断ミス」という国際関係の理論がある。韓国の李明博大統領による竹島上陸は、大統領と側近たちの「判断ミス」で始まった。その背後には「日本はもう大国ではない」という日本軽視論がある。韓国政府内で「中国派」が台頭しているためだ。韓国の外務省には、「米国派」「日本派」「中国派」がある。「日本派」は主流の座から追い払われている。

 韓国の大統領府スポークスマンは、8月9日午後3時に大統領府担当の記者を集め、翌日の大統領の日程を発表した。「明日10日、大統領閣下は我が国の領土である独島を訪問される。同行取材について説明する」。スポークスマンは「ソウルにいる日本人特派員や日本大使館に、情報を漏らさないように。もし、情報が漏れた場合は、あなたたちの携帯電話の通話記録やメールを調査し、処罰する」と繰り返した。

 この時点で、大統領府の高官たちは「大変な外交問題になる」とは判断していなかった。日本の反発は、「たいしたことない」と考えていたのだ。日本がいかに重要な国であるか、現実を認識していなかった。韓国は、輸出品の重要部品や技術を日本に依存している。また、在日米軍基地なしには米韓同盟も機能しない。だが、その実感が指導者や政治家はもとより、一般国民にも欠けている。

 加えて李明博大統領には、支持率の低下と、大統領退任後に逮捕されることへの「恐怖」があった。大統領の支持率は17%に下がり、体面と正統性を失いかねない状態にあった。韓国メディアは、11日に行われるロンドン五輪の男子サッカーと女子バレーボールの日韓戦に、関心を向けていた。どちらも銅メダルがかかっていた。大統領は、竹島を訪問して、国民と選手の士気を高めれば、支持率も上がると考えたのだ。韓国では、「反日」には誰も反対できない。

朴槿恵氏が大統領になると困る

 だが、竹島訪問の隠された最大の目的は、朴槿恵氏を与党セヌリ党の大統領候補にさせないことであった。ソウルでは、彼女が大統領に就任したら、李明博大統領は逮捕される、との観測が支配的だ。李大統領の実兄である、李相得・前議員は貯蓄銀行などから5000億円にも上る金銭を受け取ったとして、収賄容疑で逮捕・起訴された。この資金の一部が、大統領にも流れたと噂されている。

 李明博大統領は、朴槿恵氏が嫌いだ。朴槿恵は苦労を重ね、政治家として成長した。8月20日にセヌリ党の大統領候補に決定した直後に、かつては政敵であった金大中元大統領の墓を訪ねた。自殺した盧武鉉前大統領の夫人も見舞い「和解の政治」を演出した。韓国では政敵との和解が難しい「怨念の政治」が続いている。そのような中で、なかなかの政治行動である。李大統領は「政治」ができないから、彼女を取り込もうとせず、セヌリ党の大統領候補になることを支援しなかった。

 朴槿恵氏が大統領候補になることを妨害する手段として、彼女が「親日」である、との非難を高める方法がある。彼女の父、朴正煕元大統領は、日韓条約を締結し竹島問題を棚上げした責任者だ。朴元大統領のことを、「親日」で「独裁者」であったと宣伝することで、娘の朴槿恵候補も「親日」で「独裁を助けた娘」との攻撃を誘発する計算だったのだろう。韓国では、「親日」「独裁」のレッテルをはられることは、社会的に抹殺されることを意味する。

「混迷する朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長