• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国の「卑日」がこれから始まる

日韓関係悪化を「竹島以前」から予測していた木村幹教授に聞く

2012年9月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の李明博大統領が竹島に上陸する前から「日経ビジネスオンライン」の対談「日韓関係はこれからどんどん悪くなる」で日韓関係の悪化を予想していた神戸大学大学院の木村幹教授と日本経済新聞社編集委員の鈴置高史氏の2人が再び話し合った(司会は伊藤暢人)。

領土問題の存在を世界に宣伝してしまった李明博大統領

韓国の李大統領が竹島に上陸し、その後も従軍慰安婦問題で日本を非難したうえ、天皇に謝罪を求めるなど一気に日本への攻勢を強めました。

神戸大学大学院の木村幹教授(右)と日本経済新聞社編集委員の鈴置高史氏

木村:李大統領の竹島訪問は、日本では大きな話題となりました。ですが実際には既に韓国が実効支配している地域を訪問しただけで、長期的には韓国にとってはあまり効果的とは言えない行為でした。

 というのは、韓国はこれまで竹島については「領土問題は存在しない」という立場を取ってきました。実効支配しているのですから、国際的には領土紛争が存在していないというスタンスを取る方が有利だからです。ちなみに、日本は尖閣諸島については同じ様な姿勢を取っています。ところが、今回の李大統領の訪問により、ここに領土問題があることを明らかにしてしまいました。

 ただし、短期的には李大統領は国内の話題を集めることに成功しました。任期が残り6カ月となってレームダック化しているところで発生した実兄などが収賄容疑で逮捕されるというスキャンダルから、国民の目をそらすには十分でした。これで支持率が大幅に上がるというわけではないのですが。

「日王への謝罪要求」は計画的か?

鈴置:退任後の韓国大統領は歴代、悲惨です。民主化の後でも、4人のうち1人は投獄され、2人は子息が逮捕されました。残りの1人は自殺しました。前任者を徹底的に卑しめないと力を手に入れられない、とこの国の権力者は考える風があります。

 企業でもそうで、日本のように交代の会見で新社長が「前任者の敷いた路線を踏襲する」などとは絶対言いません。前社長のかわいがっていた役員・社員を意思決定機構から外すことから手をつけるものなのです。

 韓国では前の政権を否定するためにしばしば遡及立法が行われますから、李大統領も油断できません。「独島に大統領として初めて上陸し、日王(天皇)をしかるなど、よほどの功績を作っておかないと退任後、迫害される」と考えても不思議ではないのです。

コメント31

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国の「卑日」がこれから始まる」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック