• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「近くの他人」より「遠くの親日国」を生かせ

日本企業は今こそブラジルの「片思い」に応えよう

  • 邉見 伸弘

バックナンバー

2012年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロンドンオリンピックの熱狂は終わった。4年後の2016年、次の夏季オリンピックはブラジル・リオデジャネイロで開催される。ロンドンオリンピックの閉会式でもブラジルのサンバが印象的だった。

 ただ、「ブラジルのイメージは」と問われても「アマゾンのジャングル」「サッカー」「リオのカーニバル」「ボサノバ」といったステレオタイプなものしか思いつかないのも事実だろう。経済については、BRICsの一角、新興国の雄としてこの10年ほど話題に上ることは増えたものの、日本からほど近い中国や東南アジア諸国の新興国と比べると、やはり具体的なイメージがつかみにくいようだ。その印象を日本の企業人に聞いても「まだまだ貧しい国、治安の悪い国」というイメージで語られることも多い。そもそもブラジルがどんな国なのか、想像すらつかないとう声も聞く。

 実は私も、仕事で南米を訪れるまではそんな漠然としたイメージしか持っていなかった。しかし、実際に街を訪れてみて驚いた。サンパウロなどの大都市を歩くと、想像以上に先進国のような街並みが広がっている。ブラジルの一大ビジネスストリート、片側4車線のパウリスタ大通りには高層ビルが林立している。ブラジルを代表する企業や日系、欧米の外資系企業などをはじめ、大型高級ホテルも立ち並ぶ。その光景はニューヨークのマンハッタンを歩いているかのような錯覚を覚えるほどだ。

高層ビルが立ち並ぶサンパウロのパウリスタ大通り

エグゼクティブたちは摩天楼の間をヘリで移動

 サンパウロの路上でふと頭上を見上げると、たくさんのヘリコプターが行き交っている。

 ヘリコプターと言われて思いつくのは、救急ヘリかメディアの取材ぐらい。それ以外では、「バブル時代にはヘリでゴルフ場行ったわ」と昔を懐かしむ人たちや、「プロポーズや誕生日のお祝いのサプライズ演出用」に代表される「極めて特別なもの」というイメージしかなかった。だが、サンパウロでは違った。

コメント18

「「遠くて近い」南米ビジネス必勝術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官