• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ゲリラ豪雨、竜巻、ひょう、雷は予報可能?

防災科学技術研究所観測・予測研究領域(1)

2012年9月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ゲリラ豪雨、竜巻、落雷、ひょうなど、大きな被害をもたらす突発的な悪天候が増えている。このように狭いエリアで起こる激しい天気は、“雲の王”とも呼ばれる積乱雲が原因だ。「気候変動に伴う極端気象に強い都市創り」という研究プロジェクトをリードしつつ、主にゲリラ豪雨や竜巻の予報技術の確立に取り組む真木雅之先生の研究室に行ってみた!

 今年7月に、気象をテーマにした伝奇的ファンタジー的科学小説(ややこしくてすみません)、『雲の王』を上梓した。ここで言う「王」とは、様々な雲の中でとりわけ空高く成長し激しい雨を降らせる積乱雲のことだ。

 積乱雲は、豪雨や雷、竜巻などを引き起こし、時には人が亡くなるような事故をもたらす。しかし、勇壮で雄大で力強く、荘厳さすら感じさせ、人を惹きつけてやまない。その両義性を、小説の中では表現したつもりだ。

 ぼく自身、積乱雲に魅せられた者の一人である。特に空の広い旅先などで(東京の空は狭すぎる)、成長中の積乱雲を見つけると、そいつがどんどん高くなり最後は崩壊するまで観察したくなる。雲のてっぺんをほんの数10秒見ていれば、まさに「見る見るうちに」変化していく本当にダイナミック(動的)な気象現象なのだ。

左から右のようにあっという間に形を変えた積乱雲。『雲の王』特設サイトより。(撮影:川端裕人)

 最近、観測技術のブレイクスルーもあって、積乱雲についての知見が日進月歩で深まっている。積乱雲がもたらす「極端気象」のメカニズムがかなりのところ解明され、監視・予報システムも開発整備されつつあるそうだ。観測面での鍵となる最新の気象レーダでは、雲の中で雨粒が成長した「降水コア」が形成されて、地表に落ちてくるところまでリアルタイムに分かるというから凄い。

「降水コア」がわかるゲリラ豪雨の5分間間隔3次元アニメーション。2008年8月5日に東京都豊島区雑司が谷で発生したゲリラ豪雨だ。3つの段に分かれた上段は、雨量の3次元分布表示(単位はグラム毎立方メートルで等値面を半透明に処理)。赤い色ほど強い雨が降っているところ。矢印で示したように、上空にできた「降水コア」が下方へ落下する様子が見られる。中段は高度1kmでの5分間の雨量(mm)で、「降水コア」が落下してくると同時に強い雨が観測されている。下段はやはり高度1kmでの積算雨量(mm)の分布だが、中段に見られる5分間の雨量が強いところで必ずしも大きくならないことに注意。つまり、積算雨量が大きくなるには、同じ場所にいくつかの降水コアが繰り返して落下することが必要。ご覧のとおり、上空の降水コアが検出できれば、ゲリラ豪雨を5~10分前に予測できることをこのアニメーションは示している(データは神奈川県海老名市に設置した防災科学技術研究所のXバンドマルチパラメータ(MP)レーダ観測による)
(動画提供:真木雅之)

 こういった研究で、中核的な役割りを果たしている防災科学技術研究所をたずねた。茨城県つくば市にあり、前述の作品中でも舞台となった気象庁の気象研究所も近い。木々の多いゆったりとした敷地の中にある建物のひとつで、観測・予測研究領域の真木雅之領域長(筑波大学連携大学院教授を兼務)が語ってくださった。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「ゲリラ豪雨、竜巻、ひょう、雷は予報可能?」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官