• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本で高レベル放射性廃棄物の最終処分はできない

「最終貯蔵」(terminal storage)方式で未来の世代に選択権を

2012年9月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 筆者は、東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、内閣官房参与として2011年3月29日から9月2日まで、官邸において事故対策に取り組んだ。そこで、原発事故の想像を超えた深刻さと原子力行政の無力とも呼ぶべき現実を目の当たりにし、真の原発危機はこれから始まるとの思いを強くする。これから我が国がいかなる危機に直面するか、その危機に対して政府はどう処するべきか、この連載では田坂広志氏がインタビューに答える形で読者の疑問に答えていく。シリーズの7回目。

「脱原発政権」も直面する深刻な問題

9月11日に、日本学術会議が「高レベル放射性廃棄物の処分について」という報告書を内閣府原子力委員会に対して提出しましたが、この中で、「高レベル放射性廃棄物や使用済み燃料については、現時点で、十万年の安全性の保証が求められる最終処分(地層処分)を行うことは適切ではなく、数十年から数百年の期間、暫定保管をすべきである」との提言をしましたね。田坂さんは、この提言について、どう思われますか?

田坂:高レベル放射性廃棄物や使用済み燃料の地層処分の問題は、実は、私の学位論文のテーマでもあり、私自身、その専門家でもあるのですが、今年1月に上梓した著書『官邸から見た原発事故の真実』(光文社新書)において、現在の科学では、この地層処分という方式の「十万年の安全性」を証明することは不可能であることを述べました。

 そして、この学術会議の報告書と同じタイミングで上梓した新著(文末参照)では、この「最終処分」(final disposal)ができないときの代替策として「最終貯蔵」(terminal storage)を検討すべきことを述べています。この「最終貯蔵」という概念は、学術会議の「暫定保管」と同様の概念でもありますが、今回のインタビューでは、なぜ、この「最終貯蔵」という方式が必要なのか、そのことをもう少し深く論じてみたいと思います。

それは、ぜひ伺いたいと思いますが、そもそも、この「高レベル放射性廃棄物の最終処分」の問題は、「脱原発依存の政策」を進めても、必ず直面する問題ですね?

田坂:その通りです。この問題は、「脱原発依存」に向うとしても必ず直面する、深刻な問題です。

 ただ、正確に言えば、「脱原発依存」に向かい、使用済み燃料の再処理を行わないという政策に向かう場合には、「高レベル放射性廃棄物」ではなく「使用済み燃料」をどのように最終処分するかが問題となります。「高レベル放射性廃棄物」に換算して二万四千本に相当する「使用済み燃料」を直接処分するという問題です。

 ただし、この「高レベル放射性廃棄物」という言葉は、しばしば、「使用済み燃料」を含む広義の意味で使われることもありますので、報告書などを読むときは留意する必要があります。

突如、出現した「高レベル放射性廃棄物」

9月14日に田坂広志の新著『田坂教授、教えてください。これから原発は、どうなるのですか?』が発売されました。

しかし、従来の政府の計画では、「高レベル放射性廃棄物の最終処分」の問題は、30年から50年の長期貯蔵の後にやってくる、数十年先の問題ですね? これは、時間をかけて解決していけばよい問題ではないのでしょうか?

田坂:たしかに、「高レベル放射性廃棄物の最終処分」についての従来の政府の計画は、その通りであり、本来は、時間をかけて解決していけばよい問題でした。

 しかし実は、その状況が根本から変わったのです。

コメント14

「元内閣官房参与・田坂広志が語る原発危機の真実」のバックナンバー

一覧

「日本で高レベル放射性廃棄物の最終処分はできない」の著者

田坂 広志

田坂 広志(たさか・ひろし)

多摩大学大学院教授

1974年東京大学卒業、81年同大学院修了。工学博士(原子力工学)。米シンクタンク客員研究員などを経て、2000年多摩大学大学院教授に就任。2011年3~9月、東日本大震災に伴い内閣官房参与に就任

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック