• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

漁夫の利か「とばっちり」か――「尖閣」で身構える韓国

通貨では「中国カード」切る

2012年9月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「尖閣」と直接は関係ないはずの韓国が身構える。日中対立の間を上手に立ちまわれば漁夫の利を得られる。しかし下手すると「とばっちり」を食う――。韓国は首をすくめながら洞が峠を決め込んでいる。

日中対立は韓国の得

 中央日報の金永煕・国際問題大記者のコラム「韓日葛藤、MB(李明博)と野田が問題だ」(9月14日付)の書き出しが実に興味深い(注)

 「韓日関係を滅茶苦茶にした李明博大統領のオーバーアクションがなかったら、今ごろ我々は釣魚台(尖閣)で中国と日本が繰り広げる崖っぷちの対決を、余裕を持って見守りながら我々が得られる漁夫の利を計算することができていたろう……」

 「韓国が得られる漁夫の利」とは何か。この記事は具体的に書いていない。そこで韓国人に聞いてみると、多くが「対立が激化すれば、中国が日本商品を締め出すのは確実。その分、韓国の製品が売れる」と答える。

 外交的な「利」も期待されている。「韓国に対する中国の風当たりが弱まるはずだ」。中国が日本を悪者に見なすほど韓国は相対的にいい子になれる、と信じる韓国人が多い(「日韓関係はこれからどんどん悪くなる」参照)。

 同時に「中国と対立する日本からも、もっと大事にされるようになり韓国の外交的地位が向上する」とのそろばんもはじく。

「日王への謝罪要求」で足元に火のついた韓国

 もっとも、この記事の主眼は「本来、韓国は漁夫の利を得られたはずなのに、独島(竹島)訪問や日王(天皇)への謝罪要求により自分の足元に火を付けてしまった」と李明博大統領を批判することにあった。

 「足元に火」とは日本が竹島問題を巡り国際司法裁判所に提訴を決めたこと、日韓通貨スワップの一部打ち切りを検討すると表明したこと――の2点だ。

(注)一部の韓国紙には「大記者」という肩書のシニア記者が存在する。

コメント12

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「漁夫の利か「とばっちり」か――「尖閣」で身構える韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長