• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ベトナムは本当に新天地か?

課題は人材とインフラ、それを超えれば「光」も

  • 日経ビジネス編集部

バックナンバー

2012年9月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本企業が「チャイナ・プラス・ワン」を考える上で、最有力候補となる国の1つがベトナムだろう。では、ベトナム進出の魅力とリスクは何なのか。このほど開催された「日経ビジネス アジア会議」のベトナム編では、現地事情に詳しい専門家が人材活用、工場運営などさまざまな点から解説した。各講師の講演概要を報告する。

工場立地:「ベトナムのインフラは周辺国に比べ、整備されている」

双日 海外開発建設部担当部長 鎌田雅彦氏
(写真:都築 雅人、以下同)

 近年、ベトナムもその成長率や、日本人との親和性の高さ、ASEAN(東南アジア諸国連邦)内における地理的優位性などが注目されている。国内のインフラについては、比較的整備されており電力なども安定している上に、物流網において大規模な開発も続けられているので将来性が高い。

 北部ではハノイからハイフォン港までの近辺に工業団地が進出している。南部ではホーチミン周辺に工業団地が立地・開発されており、へき地の安価な土地に進出することで、免税などのインセンティブを求める戦略も見られる。

 こうした工業団地には、地元資本・外国資本・日本資本の工業団地が存在する。地元資本などが整備した団地では地価そのものは安くても、インフラの拡充・整備などに余分な出資をしなければならない。一方、日系資本の工業団地ではインフラは整備済みで、進出はリスクを軽減できる。また規模の小さな企業向けには小区画から対応できるレンタル工場も発達しており、注目を集めている。

人材:「ベトナムでは“人”の面で、茨の道が待っている」

グローバルマネジメント研究所ベトナム社長 八谷賢次 氏

 ベトナムなどの東南アジアへの進出が高まる一方で、現地での苦労も見えてきている。

 経営の現地化をするにあたっての一番の課題は、現地人材の意識の乏しさや能力の不足である。幹部候補として採用しにくく、人材育成も意外と難しい。ベトナム人に対しての第一印象として、若く勤勉と思いがちだが、その背景には「未成熟で言われたことしかしない」という面も実は見え隠れする。

 外国人に対して愛想はいいが、他人との距離の取り方が独特なので、人間関係の構築が日本人にとっては難しい。また現地人同士の関係は配給時代・社会主義時代やそれより古くからの伝統的な気質が残っており、新しい人脈を作ろうと幅広く交流している人は少ない。だが、個人単位では非常に有能であることは特筆に値する。

 彼らも、現状の人間関係で満足はしていない。企業が日本的な家族経営を行うためには日本人は笑顔で生活しながら、彼らをゼロから教育して見極めていくことが必要だ。ただ、信用しても信頼しないことがポイントとなる。

コメント0

「熱い!アジアビジネス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック