• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

採用選考で最も重視されるのは「コミュニケーション能力」ってホント?

学力や出身大学が“重視されていない”カラクリに気をつけろ

  • 上西 充子

バックナンバー

2012年9月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 企業が採用選考で最も重視しているのは「コミュニケーション能力」──。

 頻繁に届けられるこのメッセージは、学生の耳には、「企業が重視するのは学力じゃないよ」と響く。だが、本当にそれでいいのだろうか?

 日本経済団体連合会が7月30日に公表した「新卒採用(2012年4月入社対象)に関するアンケート調査結果」によれば、企業が選考に当たって重視した点は「コミュニケーション能力」が9年連続で第1位となっていた。回答企業の82.6%が「コミュニケーション能力」を重視しているのだという。

5.選考にあたって特に重視した点(5つ選択)

 このグラフは大学生向けのキャリア教育や就職支援の中で頻繁に紹介されているものだ。文部科学省が2011年11月に作成した「高等学校キャリア教育の手引き」にも、このグラフは登場している(参照:「第1章キャリア教育とは何か/第1節キャリア教育の必要性と意義/6 近年の若年者雇用の動向とキャリア教育」)。

 このグラフを素直に読めば、採用選考で特に重視されるのは、「コミュニケーション能力」「主体性」「チャレンジ精神」「協調性」などであり、「学業成績」「語学力」「出身校/所属ゼミ/研究室」「保有資格」などではない、と読める。

コメント9

「その数値にダマされるな! データで読み解く大学生のシューカツの実態」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長