• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バブル?不動産活況に沸くクアラルンプール

変化するライフスタイル・クアラルンプール住宅最前線

  • 新角 耕司

  • 田中 靖記

バックナンバー

2012年10月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アジア主要都市の「中間層(世帯年間可処分所得5000~3万4999米ドル)」以上消費者の熱い消費意欲を探った、日本総研「アジア主要都市コンシューマインサイト比較調査」(以下、本調査)において、クアラルンプール(注:隣接州であるスランゴール州を含む)は住宅への投資が最も活発であるという結果が明らかになった(図表1)。

住宅への投資が過熱するクアラルンプール

 今回、調査対象8都市中最高の消費意欲を示す「住宅」分野を中心にクアラルンプールの消費実態を紹介したい。

出所:日本総研「アジア主要都市コンシューマインサイト比較調査」

 マレーシア国家不動産情報センター(NAPIC)によると、クアラルンプールの不動産価格は2008年から2011年の4年間に23%上昇した。マレーシア全国では14%の上昇であり、全国平均に比べて9ポイント高い上昇幅を記録したことになる。消費者物価指数は同期間で6%程度の上昇にとどまっているため、住宅需要の増加によって住宅価格の上昇が引き起こされているといえる。

 価格上昇のさなかにあっても、クアラルンプール市民の住宅購入意向は高い。本調査によると、「あなたは今後、居住用の住宅を購入する予定がありますか。」という質問に対し、「3年以内に住宅の購入を予定している」と回答した割合が31%に達した。これは、調査対象都市のうち、ムンバイ(58%)に次ぐ数字である。

 一方で、マレーシアの不動産市場は「バブル」状況にあるのではないかという指摘もある。確かに、クアラルンプール中心部やペナン島等の一部のリゾート地域の高級物件では、過去5年間で20%以上の価格上昇がみられた物件も存在する。本調査結果において、「投資用住宅の5年以内購入意向」が調査対象都市ではジャカルタに次いで高い値(39%)となっているのも、その傾向を裏付けているといえるため、価格トレンドの変化には一定の注意が必要である。

 ただし、高い価格上昇を示す物件は高級物件に限られている点、都市部への人口流入・所得上昇・生産年齢人口の増加により都市部の住宅需要が拡大している点を考えると、特に中間層向けの住宅については、トレンドが急激に変化する可能性は低いと考える。

 とはいえ、住宅購入にかかる費用は課題になっている。本調査において「あなたが住宅を購入する(あるいは購入した)際に、最も重視することは何ですか。」と聞いた質問では、住宅購入意向者のうち29%が「住宅価格」であると回答している。これは、調査対象の8都市のうち最も高い値であった(次いでシンガポール=28%、東京=22%)。

中間層には郊外の戸建住宅が人気

 上記の状況のもとで、クアラルンプールの中間所得層は、とりわけ高い価格上昇を示す都市中心部を避けるように、郊外へと住居を移すことを検討しているようだ。現在および将来の居住を希望する地域を聞いた質問では、現在は30%が郊外に居住しているが、将来は42%が郊外に居住したいと回答している。居住を希望する住宅のタイプにも変化が現れており、現在は50%が戸建住宅に居住しているが、将来は75%が戸建住宅に居住したいと回答している(図表2)。

 クアラルンプールの消費者は、新たな居住地として「郊外にある戸建住宅」を考える層が多いことがわかった。

図表2 現在の住まいと今後希望する住まいの比較
出所:日本総研「アジア主要都市コンシューマインサイト比較調査」

「アジア5大都市の魅力」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長