• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「避難民」に助けられて生きる私

欧州のチェチェン人から受けた「おもてなし」

  • 菊池 由希子

バックナンバー

2012年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私が南相馬を初めて訪れたのは震災後のゴールデンウィークだった。ツイッター上で「気が向いたら遊びに来てください」と書き込まれたので、「それなら料理でも作りましょうか?」と返事をしたのがきっかけだ。

 その後、福島第一原子力発電所から20キロ圏が警戒区域に指定され、津波で被災した人たちが身を寄せていた避難所に、警戒区域に家がある人たちも加わることになった。日本にこれほど多くの避難所ができたというのは、とても信じがたい光景だった。私は、避難所で、チェチェン料理のジジガルナシュやウクライナ料理のボルシチを振る舞った。調理する時は、避難所にいた子供から大人まで、みなで一緒に楽しく小麦粉をこねた。

避難所でチェチェン料理を子供たちと一緒に作った
珍しい料理だったにもかかわらず、好評だった

 避難所にいた人たちにとっては見たこともない料理だったので、「こんなの食べられないよ」と吐き捨てるように言った人もいたけれど、ジジガルナシュは日本のすいとんに似ていることもあって「とてもおいしかったです。もう一杯ください!」とおかわりする人も結構いたので、私はうれしくなった。

チェチェン人から受けた暖かい「おもてなし」

 なぜ、チェチェン料理なんていう、珍しいものを作ったのかって? それは、私は学生時代ずっとチェチェン戦争の犠牲になっている人たちを支援してきただけではなく、彼らと助け合って生きてきたからだ。戦争で命からがら欧州に亡命してきたチェチェン人や、戦争が終結していない状況でも、チェチェンに踏みとどまって暮らす人々がいたが、いつも彼らの温かい「おもてなし」を受けてきた。

 日本にも大勢の「避難民」が生まれた3・11。私は3・11当時、グルジアにあるボロボロのチェチェン人難民キャンプにいた。ところが、私の故郷の東北で、多くの人が「避難民」となったことを知ったのだ。その時、チェチェンで受けたおもてなしの精神を、料理と共に日本の人たちへ伝えたいと思った。

東電社員有志が旧警戒区域でボランティア活動をしている
旧警戒区域小高区中心部

コメント0

「南相馬から世界を考える」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長