• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あなたの行動を徹底分解、部下が動けるように伝えよう

業種業態を問わず、再現性の高いチェックリストは作れる

2012年10月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「みんなして勝手なことばかり言って……。こっちの身にもなってみろ」

 時として課長はこんな気分になります。課長は中間管理職ですから、経営上層部と若い部下たちに挟まれています。上からは経営に関する厳しい命題が、下からは建設的意見から愚痴までが、次々と課長のところに届き、プレイングマネジャーとして忙しい日々を送る課長のあなたを苦しめます。

 しかし、ここは発想を転換して、「自分は会社のど真ん中にいる。要としての重責を担っている」と強く認識してほしいところです。

 経営上層部は若い社員の本音などほとんどつかむことはできません。若い社員にとっても経営上層部の意向を直接聞くチャンスはめったにありません。中間管理職である課長こそが、非常に多くの生きた情報を持っている、会社の行く末を左右する存在なのです。

 あなたが誰に何をどう伝えるかで、あなたの課はもちろん、会社そのものの業績が変わってくると言っても過言ではありません。

 今回は、会社の掲げる目標や経営上層部の意向を、課長であるあなたのようには理解できていない部下とともに、どう実現させるかについて考えてみましょう。

優秀なあなたの手法を部下は使えない

 経営上層部が掲げた目標は、いかなるものでも達成すべく努力しなければならないのがあなたの立場です。その成果次第では、課長よりさらに上のポストも見えてくるかもしれません。

 成果はあなた一人で得られるのではなく、部下たちが成し遂げてくれるものです。まだ実力の伴わない部下に結果を出してもらうためにはどうすればよいでしょう。

 実力のある“あなたの手法”をそのまま押しつけても無理です。徹底的に噛み砕いて、具体的な行動に落とし込み、部下が正しく動ける指示を出さなければなりません。

 ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、これをやって初めて部下たちは良い業績を上げてくれ、結果的にあなたを助けてくれるのです。もちろん、部下自身も仕事ができるようになるわけですから、あなたの指導に感謝してくれるでしょう。

 ところが、多忙を極める課長たちは「徹底的に噛み砕いて、具体的な行動に落とし込み、部下が正しく動ける指示を出」す作業をついつい省略してしまいがちです。

 「今期の目標の最低ラインは前年比15パーセント増し。この数値を絶対に達成できるよう各自全力を尽くして」

コメント0

「輝く課長の行動科学マネジメント」のバックナンバー

一覧

「あなたの行動を徹底分解、部下が動けるように伝えよう」の著者

石田 淳

石田 淳(いしだ・じゅん)

ウィルPMインターナショナル社長

行動科学マネジメントの第一人者。行動分析、行動心理を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものにアレンジ、短期間で8割の「できない人」を「できる人」に変えると企業経営者などから支持を集める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック