• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

夏のセール「後ろ倒し」の余波

10月に夏物が投げ売りされる理由

2012年10月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 暑さ寒さも彼岸までというが、今年は本当に9月のお彼岸を境に猛暑が治まった。まだ昼間は汗ばむ陽気の日もあるが、朝晩はめっきり涼しくなってようやく秋物が動き始めたようだ。

 そこで10月1日に店頭を見て回った。すると、夏物の半袖シャツや半袖Tシャツが投げ売りされている。例年だと9月末までには各社とも売れ残りの夏物は倉庫に格納するはずなのだが、今年は格納しきれないほど夏物が余っているのだろうか。

セール分散で夏物を処分しきれず

 今年9月の洋服の売れ行きは概して悪かった。OEM(相手先ブランドによる生産)事務所を営む友人は「9月出荷分の注文はほとんどなかった」と話す。その原因については9月20日ごろまで続いた高気温があるが、9月の高気温は何も今年始まったことではない。この数年間ずっと続いている現象である。昨年は10月末くらいまで高気温が続いていた。今年は比較的早く暑さが治まった方である。

 9月の売れ行きの悪さについて、暑さ以外に「夏セールの不振」が挙げられている。今年の夏セール不振は、大ヒットアイテムが見当たらなかったことのほか「セール時期の分散化による盛り上がりの欠如」にも原因がある。結局、夏物をそれほど消化できず、9月に入ってもその沈滞ムードが続いたというわけだ。

 昨年末から三越伊勢丹ホールディングスやルミネは「セールの後ろ倒し」を主張してきた。それにより、今年夏のセールは伊勢丹三越が7月13日から、ルミネが7月12日からとなった。当初は、あっさりと業界全体がこの動きに追随するかと思われたが、実際はそうではなかった。

 三越伊勢丹とルミネの本拠地がある東京はまだしも、関西圏はほとんどこの動きに追随しなかった。6月10日ごろから郊外型ショッピングセンターでセールが始まった。その後、あべのHOOPが23日から、天王寺MIOが6月28日から、なんばシティと心斎橋OPAとルクアが6月29日から、なんばパークスが7月7日から、というふうに五月雨式にセールが始まった。

 郊外型ショッピングセンターのセール開始から伊勢丹三越のセール開始まで裕に1ヶ月以上の期間が空いている。これほど間延びすれば夏のセールが盛り上がらなくても当然である。

 実際に体験して初めてわかったが、セールは商業施設同士の相乗効果がないとまったく盛り上がらない。周辺近隣のビルすべてがセールだから消費者は買い回るわけである。そこには買い物で高揚した精神状態がある。冷静に戻れば「どうして、こんなくだらない商品を買ってしまったのだろう」と後悔することもしばしばある。その場では一種の興奮状態に陥っているのだろう。

 今回のようにセール開始時期がバラバラだと、消費者は目的のビルを覗いただけで買い物を済ませてしまう。けっして周辺まで足を伸ばそうとはしない。その結果、いつもより買う量が減る。7月から9月末まで店頭を定期的に見て回ったが、例年よりも賑わっていなかった。

コメント3

「「糸へん」小耳早耳」のバックナンバー

一覧

「夏のセール「後ろ倒し」の余波」の著者

南 充浩

南 充浩(みなみ・みつひろ)

フリーライター、広報アドバイザー

1970年生まれ。洋服店店長を経て繊維業界紙に記者として入社。その後、編集プロダクションや展示会主催業者などを経て独立。業界紙やウェブなどに記事を書きつつ、生地製造産地の広報を請け負う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長