• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国への制裁は「スワップ」より「貿易」が効く

真田幸光教授と激動のアジアを「金融」から読み解く(上)

2012年10月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本は韓国に報復するため、同国と結んだ通貨スワップの80%強を打ち切る。アジア金融に詳しい真田幸光・愛知淑徳大学ビジネス学部学部長と鈴置高史氏が今後の展開を「早読み」した(司会は田中太郎)。

「日本とのスワップはなくても困らない」

日韓は10月11日の財務相会談で「スワップ枠700億ドルのうち、今年10月末に期限の来る570億ドル相当分を延長しない」ことで合意しました。両国とも「スワップ打ち切りは経済的判断によるもの」と説明しましたが……。

鈴置:関係者でそれを信じる人はいないでしょう。8月中旬に李明博大統領が竹島に上陸したうえ「日王の謝罪」を要求したことに対し日本人が激怒した結果です。政治的な報復以外の何物でもありません。

 まず、韓国に対する強硬な世論を受け、安住淳財務相(当時)が「延長するかどうかも含め白紙」と打ち切りの可能性を示唆しました(8月17日)。

 すると韓国メディアの多くは「日本のスワップがなくなっても全く困らない」と一斉に書きました。「やるならやってみろ」と言い返したわけです。韓国政府、ことに対日強硬派の多い青瓦台(大統領府)の意向を受けたようです。

 その際、多くの韓国メディアが「このスワップは2011年秋に日本が頭を下げて来たから結んでやったのだ」と事実と正反対の情報も流しました。李明博政権は「日本を超えた韓国」を手柄にしています。超えたはずの日本に頭を下げたことは隠したかったと思われます。

 韓国のこうした言動を見てのことでしょう、本心ではスワップの維持を望んでいたとされる日本の財務省の幹部も、自民党の部会で「韓国からの要請がなければ延長しない」と語るに至りました。(10月2日)。

「カネが欲しければ頭を下げろ」

真田幸光(さなだ・ゆきみつ)
愛知淑徳大学ビジネス学部・研究科教授(学部長) 1957年東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒。81年、東京銀行入行。韓国・延世大学留学を経てソウル、香港に勤務。97年にドレスナー銀行、98年に愛知淑徳大学に移った。97年のアジア通貨危機当時はソウルと東京で活躍。2008年の韓国の通貨危機の際には、97年危機の経験と欧米金融界に豊富な人脈を生かし「米国のスワップだけでウォン売りは止まらない」といち早く見切った。

 韓国側はこの発言を「『カネが欲しければ、頭を下げろ』との脅し」と受け取り、憤りました。ただ、外貨繰りに自信が持てないので「頭を下げるべきか、下げざるべきか」相当に悩んだ模様です。結局、10月7日までに「国民の批判を避けるためにも日本に頭は下げない」と決めました。

真田:鈴置さんが説明した通り、まさに「売り言葉に買い言葉」でした。昨年10月、韓国の要望に応じ日本が570億ドルのスワップを受け入れた時、韓国側はとても日本に感謝していました。しかし、韓国政府はメディアに「日本が頼んで来たから受けてやった」と書かせた。

 安住前財務相も韓国への批判が高まると「スワップ打ち切りによる報復」をいとも簡単に掲げた。これほど露骨にこぶしを振り上げられれば韓国も「そんなものは要らない」と言うしかありません。

コメント19

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国への制裁は「スワップ」より「貿易」が効く」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック