• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「慰安婦」で韓国との親交もお断り

「反日国家に工場を出すな」と言い続けてきた伊藤澄夫社長に聞く(下)

2012年11月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「金型だって中韓と戦う日本の武器だ」――。伊藤製作所(三重県四日市市)の伊藤澄夫社長は言う。前回に続き、鈴置高史氏と対立が深まるアジアを「金型やバナナの視点」から論じた(司会は田中太郎)。

「モノづくり力」を外交の武器に

鈴置:伊藤社長の主張は(1)「反日国」中国への経済的な依存度を減らし、政治的な介入を防ぐべきだ(2)一方、親日的な東南アジアに投資をシフトし共存共栄の体制を深めよう(3)日本の「モノ作り力」を中韓に対する政治的武器として活用すべきだ――ということですね。

 3番目の「モノづくりを武器に」の具体例として話された金型に関し、もう少し詳しく説明して下さい。

伊藤:では、もう一度、しっかり説明します。ここに、2つの金属部品があります(下の写真)。いずれも同じプレス機械で打ち抜いて作った部品で、同じ形です。でも、よく見るとギザギザの歯の部分が微妙に異なります。

従来の製法でプレス加工した部品(左)に比べ、伊藤製作所の新技術で製造した部品(右)の切断面は刃物ですぱっと切ったように鋭い(撮影:森田直希、以下も)

大根を名刀で切ったように

 右の部品は、名刀で大根をすぱっと切ったように、歯の部分がシャープです。左の方は業界用語で「ダレる」というのですが、歯がぼやっとした形です。

 普通のプレス機械を使って右のような部品を作れるのは、アジアでは日本だけでしょう。中国や韓国だとまず、プレス機械で左の「ダレた」部品を作った後に、削ったり磨いたりして、ようやく右のような鋭角的な形に整えます。時間と手間が恐ろしくかかります。

鈴置:プレス機械で打ち抜くだけで1~2秒で加工できる。新技術によって、人件費の安い中韓の同業者に勝つというわけですね。

伊藤:我が社だけではありません。今、日本のプレス金型各社は、金属の切削やロストワックス、研磨という手間のかかる工程を、プレス加工に置き換えるという技術革新に取り組んでいます。加工費を極端に安くすることで中韓との競争に生き残ろうと必死なのです。

コメント14件コメント/レビュー

伊藤さんの話は正論だと思います。ただ、慰安婦を沖縄米軍兵の婦女暴行事件と同じにしたり、中国、韓国は昔は反日では無かった、など不見識なコメントが目に付くが、これが日本人の不勉強さであり、付け込まれる要因にもなっているのだろう。沖縄の件は明らかに犯罪、慰安婦の件は、当然存在はしたが、”強制連行は無かった”件であり犯罪ではない。ソウル大の調査でも軍の関与はなったとの結果が出ている。また、政権維持の事情もあり、中国、韓国は以前から徹底した反日教育をしていた。抗日記念館に行けば良いだろう。20年前には存在している。物事の本質を見誤り、相手の真意も分からず同調、同上する行為は愚かと言わざるを得ない。(2012/11/08)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「慰安婦」で韓国との親交もお断り」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

伊藤さんの話は正論だと思います。ただ、慰安婦を沖縄米軍兵の婦女暴行事件と同じにしたり、中国、韓国は昔は反日では無かった、など不見識なコメントが目に付くが、これが日本人の不勉強さであり、付け込まれる要因にもなっているのだろう。沖縄の件は明らかに犯罪、慰安婦の件は、当然存在はしたが、”強制連行は無かった”件であり犯罪ではない。ソウル大の調査でも軍の関与はなったとの結果が出ている。また、政権維持の事情もあり、中国、韓国は以前から徹底した反日教育をしていた。抗日記念館に行けば良いだろう。20年前には存在している。物事の本質を見誤り、相手の真意も分からず同調、同上する行為は愚かと言わざるを得ない。(2012/11/08)

韓国は強い物には、卑屈にへりくだるが、自分より弱いものには残酷なぐらい傲慢になる。それは、そういう傾向ではなく、それその物だった。通貨スワップも中国依存し、日本は不要だからと強気だ。経済も日本の助けが不要だと考える根拠は、経済が絶好調だから。激しい反日教育を徹底している韓国は、日本を敵国とみなしている行動を明確にしている。日本が反韓運動を起こさないと見通しているし、仮にそれがあっても韓国は微動だにしない自信を持っている。日本は情報と頭脳を集約し、韓国を冷静に分析し「制御する」事を考えるべきだ。彼らは日本と仲良く「お付き合い」する考えは毛頭無いと表明しているのだから。(2012/11/02)

今回の韓国大統領の竹島への上陸以降、全く同様の想いであり、かつての朴正煕韓国大統領が暗殺される前の韓国側の要求は、あくまでも日本帝国時代に於ける軍属への退役軍人としての補償を求めるもので至極真っ当だったのに、朴大統領が暗殺された後の80年代に急に従軍慰安婦問題が浮上し、それまで誰からも聞いた事の無い戦争犯罪への断罪の論調が韓国のメディアを占めるようになり、そこから日本と韓国の関係は可笑しくなった思っています。先ずは従軍慰安婦問題が韓国の主張が間違っていること、そして慰安婦問題は戦争犯罪でないこと、強制連行が当時の日本国民である朝鮮人にのみ強制されたのであれば、それは当時の日本の法からみても犯罪であり、普通に考えても韓国側の主張が可笑しいことなど、ちゃんと日本人も無知に流されずに堂々と反論をしていかないと、出鱈目や間違いが大手を振って歩く事になり非常に由々しき問題だと思います。(2012/11/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授