• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「部下が上司に言ってはいけない言葉」ワースト10

勘違いも甚だしい部下たちに釘を刺す

2012年11月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は趣向を変え、「部下が上司に言ってはいけない言葉」のワースト10を発表する。言葉の選定と順位はあくまでも私個人の主観に基づく。私なりの根拠も記しておく。

 ワースト10は私が長年のコンサルティング活動の中で蓄積してきた「言い訳集」を基にしている。私はもっぱら現場の営業担当者を相手にしており、彼らはありとあらゆる種類の言い訳を駆使し、「できない理由」「できていない理由」「できなかった理由」を私に言ってくる。

 同じ言い訳を彼らは上司の営業部長や課長にもしている。そうした言い訳はいずれも「部下が上司に言ってはいけない言葉」である。つまり、今回のコラムでは矛先を「上司」ではなく「部下」に向ける。

 「なぜ上司の肩を持つのか。ダメ上司が沢山いるから何事もうまくいかないのだ」と思われた「部下」の方がおられるだろう。

 実は、ずいぶん前から私は「ダメ上司」という物言いに違和感を覚えてきた。「上司」や「管理職」を過剰にバッシングする風潮があるが、私は気にくわない。

 「ダメ上司」というキーワードでインターネットを検索してみる。「ダメ上司の条件」「ダメ上司対処法」「ダメ上司論」「ダメ上司対策」「ダメ上司撃退」「ダメ上司特徴」「ダメ上司ランキング」などなど、これでもかというくらい、ひっかかる。

 部下に嫌われる上司はどういう習慣があるのか。どんな言葉を使うのか。どんな共通点があるのか。あらゆる角度からダメ上司に対する分析が施されている。さらに、そういうダメ上司にどう対処したらよいのか、ダメ上司をどう返り討ちにするか、といった特集まで組まれている。

 ダメ上司は確かに存在する。私は企業の現場に入って目標を絶対達成させていくコンサルタントだ。目標を達成してもらうために、数え切れないほどのダメ上司たちと戦ってきた。

 しかし、である。

 いくらなんでも叩きすぎだ。上司も人間である。不器用な人だっているし、失言することもたまにある。あまりバッシングすると、上司は部下のことを過剰に意識し、かえって適切に対処できなくなる。

 部下をうまく指導できなければ、当然のことながら部下は勘違いし、正しく成長していかない。勘違いしたまま年齢を重ねていく部下たちは、自分自身の市場価値(マーケットバリュー)を落としていく。

 会社に貢献できないどころか、どこの会社にも相手にされない人材に“成り下がって”いく。上司バッシングの行き過ぎは部下のためにもならない。

コメント14

「営業の新常識「超・行動」」のバックナンバー

一覧

「「部下が上司に言ってはいけない言葉」ワースト10」の著者

横山 信弘

横山 信弘(よこやま・のぶひろ)

経営コンサルタント

CSK、日立製作所を経て、現在アタックスの主席コンサルタント。営業目標予算の2倍の材料を仕込む、組織マネジメント「予材管理」が注目され、コンサルティングのみならず、セミナー講師としても人気を博す。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員