• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大船渡駅周辺にコンパクトシティーをつくる

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2012年11月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コンパクトシティーを担当するBチームでは、「道の駅」が議論の大切な部分になってきた。

 ご存じの方も多いだろう。「道の駅」は全国に1000近くあって、観光客のための施設としてだけでなく、地域のコミュニティー拠点としての価値が高まってきている。震災以降は防災拠点としての価値も強調されるようになってきた。

 「道の駅」の規模はいろいろだ。駐車場が10台の小規模なものから、500台を収容できるものまである。レストランも様々だ。麺類中心の簡単な飲食店から高級フレンチ料理を提供するものまである。設備も多様で、温泉、ホテル、博物館、野菜や魚介類の直売所などいろいろである。一言でいえば「何でもアリ」なのだ。

 成功して賑わっている「道の駅」とそうでない「道の駅」の二極分化も明確である。この方面に詳しい方によると、いちばん成功しているのは妙高市の「道の駅あらい」だそうだ。この「道の駅」はビジネスホテルも併設している。

 昨年の5月、企業の方々と東大の研究室の私たちが、陸前高田市を例題として、復興のプランを議論した。この時、ヨーロッパモデルの「連結型コンパクトシティー」の案が出た。高台に移転する住宅地をコンパクトシティーとして建設する。このコンパクトシティーを連結して機能を高めようというものだった。コンパクトシティーは、住居や商業施設などをあちらこちらに分散させるのではなく、ある地域にコンパクトにまとめて機能を高める街のことである。特に高齢化社会に適している。

 しかし、この案は現実と乖離していることが明らかになった。高台に住居を移転するための立地調査を大船渡市、陸前高田市が行ったところ、高台にまとまった用地を確保することが難しいことが分かった。小規模なところで10戸、大きくても200戸程度の町にしかならないのだ。これではコンパクトシティーにならない。

商業施設と道の駅の相乗効果を図る

 そこで今年になって大船渡市は方針を転換することにした。商業コンパクトシティーを町の中心に建設することにしたのだ。第1号を大船渡駅周辺地域とした。大船渡市の賑わいの中心は、JR大船渡線の終点、盛駅と、ひとつ手前の大船渡駅の周辺である。このうち大船渡駅周辺は被災し、今は広大な空き地になっている。面積は約39ヘクタールある。ここにコンパクトシティーを建設する案が浮上したのだ。

 4月、大船渡市を視察に来られた当時の前田武志国交大臣は大船渡駅の跡地に立ち寄り、国として強力に支援することを約束した。国の津波復興拠点整備事業を活用することも決まった。大船渡市は、この8月、大船渡駅周辺の約4ヘクタールから建設を開始すると発表した。気仙広域環境未来都市の象徴的な場所になることが予想される。

 大船渡市はこの4ヘクタールの敷地の中には商業施設と公共施設のほかに「道の駅」を計画している。このコンパクトシティーの成功の鍵のひとつは「道の駅」になりそうだ。「道の駅」は観光地へのアクセス拠点であるとともに、地域のコミュニティー拠点にも防災拠点にもなる。

「東北リバイタライズの現場から」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授