• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「優秀な課長」でいるだけでは潰れかねない

時間とお金をかけてセルフマネジメントを

2012年11月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 成長を続けるIT(情報技術)関係の企業で頭角を現していた、ある課長がこともあろうに暴力行為で警察に引っ張られ、会社を辞めざるを得なくなりました。

 事件を起こした日、その課長は部下たちを居酒屋に誘い、一杯やっていました。帰宅途中に運悪く、人身事故が発生、乗っていた電車が止まってしまいました。

 「明日は朝から大事な仕事がある、早く動かせ」

 酒の勢いもあって駅員に詰め寄った課長は、だんだんエスカレートしていく自分の怒りを鎮めることができませんでした。忙しい駅員が立ち去ろうとすると、こう怒鳴ったのです。

 「おまえ、俺を馬鹿にしているだろう」

 それだけでは済まず、あろうことか駅員を殴ってしまい、そばで見ていた乗客に110番通報されてしまったのです。

 後日、事の顛末を聞いた部下たちは「さもありなん」と感じたそうです。実は居酒屋ですでに、その課長は部下たちに絡んでおり、部下たちはほとほと参っていたからです。

 「おごるよ」と声をかけて部下を集めておきながら、酒が入ると課長は部下たちが思ってもいないことを勝手に作り上げ、凄みました。

 「どうせ、俺の部署から異動したいと思っているのだろう」

 「おまえたち、言いたいことがあるならはっきり言えよな」

 駅員に馬鹿にされたと思い込んだのと一緒です。この課長はやり手で仕事はできたそうです。どうしてこのようなことになってしまったのでしょう。

 もう一つ例を挙げます。ある大企業で将来を嘱望されていた課長が突然、無断欠勤を重ねるようになり、とうとう長期入院することになりました。医者の診断は重度の鬱病ということでした。

 「どうも部長に嫌われているみたいだ。いくら企画を出しても通らないのは、部長の意向に違いない」

 会社を休むようになる前、上司の部長について同僚にしばしばこぼしていたそうです。同僚はこう言って慰めました。

 「そんなことはない。考えすぎだよ」

 しかし、課長はますます落ち込んでしまい、とうとう会社に来られなくなってしまったのです。

 後からその話を聞いた部長は心底びっくりしました。部長はその課長をとても高く評価し、期待していたからです。どうしてこのようなことになってしまったのでしょう。

コメント0

「輝く課長の行動科学マネジメント」のバックナンバー

一覧

「「優秀な課長」でいるだけでは潰れかねない」の著者

石田 淳

石田 淳(いしだ・じゅん)

ウィルPMインターナショナル社長

行動科学マネジメントの第一人者。行動分析、行動心理を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものにアレンジ、短期間で8割の「できない人」を「できる人」に変えると企業経営者などから支持を集める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長