• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本病に罹った」とついに認めた韓国

株安、低成長、不良債権…悪材料が一気に噴出

2012年11月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ついに我々も日本病に罹った」――韓国のメディアが書く。不動産価格の下落に続き、株安、成長率の急減、企業のリストラなど、20年前の日本を思わす深刻な症状が相次ぐからだ。

「嫌いな日本を追う我ら」

 最大手紙、朝鮮日報の朴正薫・副局長兼社会部長が11月9日付で書いたコラムが興味深い。見出しは「それほどに嫌いながらも、日本を追う我ら」だ。

 東京特派員経験者の朴正薫・副局長はこう書き出した。「認知症の妻を殺したソウル文来洞の78歳の老人の事件を見て『来るものが来た』との思いで胸がふさいだ。日本がすでに体験している高齢化の絶望的局面が結局、我々にも訪れたということだ……しかし韓国は『日本病の回避』という国家の課題では苦戦している」。

ついに日本を追い越したのに……

 日本に詳しい韓国紙の社会部長は「高齢化社会の日本の後を韓国が追う」明らかな証拠を、ソウルの殺人事件に見出したのだ。

 同じ朝鮮日報の、やはり東京特派員だった宋煕永・論説主幹は2年ほど前から「現在の不動産市況の低迷は、実は少子高齢化が原因で今後、韓国経済も日本のような長期停滞期に入る」と警告を発し続けてきた。

 ただ、宋煕永・論説主幹の卓見は韓国論壇の主流にはなかなかならなかった。時を同じくして、韓国人は「ついに日本を追い抜いた」と祝杯をあげていたからだ。

 赤字に陥った日本のライバルをしり目に、世界市場で快進撃を続けるサムスン電子や現代自動車。長い間「絶対に日本企業には勝てない」と思い込んでいた韓国人にとって、夢のようなできごとだ。

 日本の民主党政権の大地震への対応は後手に回った。一方、G20など国際会議を続々と主催した韓国。両国政府の差は「統治能力でも韓国が上回った」ことの“確かな証拠”として語られていた。

 「あの、憎らしい日本に勝った!」と皆で祝っている最中だったから「日本病に罹るぞ」などという不愉快な予言は、誰も聞こうとしなかったのだ。

コメント4

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「日本病に罹った」とついに認めた韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長