• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1回のメール配信で売り上げ数千万アップの驚異

良品計画のWebサイト『MUJI.net』の秘密を聞く(前編)

  • 田代 真人

バックナンバー

2012年11月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 『無印良品』の名で知られる株式会社良品計画は、1980年の誕生以来、シンプルで、しかし必要な機能は省くことなく付加された商品を提供してきた。その商品カテゴリーは、衣類、食品、小物、雑貨、家具、家に至るまで多岐にわたる。

 そしてそれらを販売する店舗も、2012年2月末日現在、国内は372店舗、海外での展開は『MUJI』のブランドで、中国の38店舗を筆頭に、アジア、ヨーロッパ、アメリカなど、全163店舗を展開している。

奥谷孝司Web事業部長
(撮影:琴條孝詩)

 そして、リアル店舗への集客、最近の言葉で言うとO2O(オンライン・トゥー・オフライン)を推し進め、また同時に力を入れているのがWebサイトだ。リアル店舗同様に日々顧客が訪れるWebサイトもまた、顧客満足度を高めていくため、常に試行錯誤を繰り返している。今回、そのサイト『MUJI.net』を運営しているWeb事業部長の奥谷孝司氏に最新Web技術の動向を含め話を聞いた。

実店舗に呼び込むクーポン戦略

「最近は顧客セグメントツールなど、いろいろなツールがあるので、さまざまなテストが簡単にできます。私たちの場合、ネットと店舗を行き来してほしいということもあって、まず会員に向けてのメールマーケティングに挑戦しました。

 というのもメールを出して『店舗に来てください』と書いても、そう簡単にはいらっしゃらないわけです。であれば、バーコードを付与した電子クーポンを送って、店舗で実際のクーポン発券機でクーポンを発券してもらう。

 最初は1都3県の人にメールしました。店舗は池袋西武です。それで来店されたのが2%弱。7割が東京の人。でも池袋西武はやはり埼玉からいらっしゃる方が多いというのがわかりました。

 加えて、やはり主要顧客は30代ですが、普通の客層、いつものレジから見えているお客さまと比べ、意外と20代、40代が多いとか、男性より圧倒的に女性が多いとか、だからネット経由で男性を増やさないといけない、という課題もみえてきたのです」

 このような結果を店舗に伝えることによって、いままでわからなかったメール・キャンペーンなどの効果が可視化されたという。Webチームが意味のあることをやっているという彼らの存在意義さえ実店舗のスタッフに伝えることができたのだった。

「効果があったと印象に残っているのは、くじ引きをやったときです。これは22店舗を対象に北海道から都心、大阪、福岡のエリアの人だけにバーコードをつけて、はずれなしで、ランダムに120万人にメールで送りました。

コメント0

「デジタル予兆学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長