• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

南極ペンギン牧場

東京大学大気海洋研究所(3)

2012年12月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真:藤谷清美)

 塩見さんがマクマード基地で参加したコウテイペンギンの研究チームのフィールドは、「ペンギン牧場」と呼ばれている。

 普通の意味での牧場なら、牛や馬や羊が草を食んだり、飼料を与えられたりするわけだが、ここでは充分に厚い氷の上を柵で囲って、その中にコウテイペンギンがいる、という構図。柵の内側にはドリルで開けられた穴があって、ペンギンたちはそこから海に入ることはできるが、近場に別の開氷部がないので、結局は同じ場所に帰ってくることになる。年によって氷の状態が違うため、調査はまずこの「牧場」の場所選定から始まる。

「マクマード基地からスノーモービルで出発して、厚い氷のところをみんなで見て回るんです。自分たちが寝泊まりする建物も設置しないといけないので、ちゃんとした氷のところじゃないと駄目ですし、ドリルで穴を開けて厚さを確認しながらロケハンします。ここなら大丈夫と思っても、周りに氷の裂け目とかがあると、そこからペンギンが逃げてしまうので、条件に合った場所を何日かかけて探して、場所が決まったら基地から重機を持って来てプレハブみたいな観察所兼宿泊所を建てて、柵を立てて穴を開けて……というふうにシーズンごとにやっています」

「ペンギン牧場」の建設風景。プレハブの建物は観察小屋。右は海中に入れる「観察筒」(写真提供:塩見こずえ)

 ここで誰もが素朴な疑問を抱くだろう。

 じゃあ、ペンギンたちはどこから来るの? と。

 穴を開けたら、どこからともなくやってくる、というわけではあるまい。

2012年11月号特集「南極の海を飛ぶコウテイペンギン」
本誌では高速で泳ぐコウテイペンギンの秘密についてレポートしています。フォトギャラリーもあるWebでの記事の紹介はこちら。ぜひあわせてご覧ください。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「南極ペンギン牧場」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員