• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「解決不能な高齢化」が中国を襲う

『老いてゆくアジア』の大泉啓一郎氏に聞く(下)

2012年11月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国の高齢化はどうなる。日本に処方箋はあるのか――。前回に続き、大泉啓一郎・日本総合研究所上席主任研究員と鈴置高史編集委員が「老いてゆくアジア」を話し合った(司会は田中太郎)。

「尖閣」で関心高まる中国の高齢化

鈴置:「尖閣」での鍔迫り合いが始まった後、中国の高齢化に関心を寄せる日本人が増えました。「中国の軍拡に対抗するには我が方の予算――経済の規模拡大が不可欠だ。しかし、少子高齢化でそれは難しい。ただ、中国だって少子高齢化で成長が頭打ちになる日が来るはず。そこまでじっと我慢する手もある。では、それはいつだろう」――という思考経路です。

大泉:私も、そんな問題意識からの質問を受けるようになりました。では、グラフ1をご覧ください。韓国ほどの速度ではないにしろ、中国の高齢化もこれから加速します。2010年の高齢化率――65歳以上の人口が全人口に占める割合――は8.2%。これが2020年には12.0%、2030年には16.5%まで上昇します。

グラフ1:日中韓の高齢化率の比較
注:65歳以上の高齢者が7%以上を「高齢化社会」、14%以上を「高齢社会」といい、高齢化の進み具合を示す目安になっている
出所:国連「World Population Prospects:The 2010 Revision」から大泉啓一郎氏作成

 実数で言えば高齢人口は、2010年時点で1億2000万人、2050年には3億3000万人に達します。この時点の高齢化率は25.6%です。

3億3000万人の高齢者の国

中国の高齢化にも恐ろしいものがありますね。「比率」が高いだけではなく、総人口が大きいだけに「実数」が巨大です。

鈴置:一つの国に65歳以上の人――生産をほとんど担わない人――が3億3000万人もいるなんて想像できません。歴史始まって以来の現象でしょう。

大泉:そこが注目すべきポイントです。さらに、中国の高齢化の問題解決を困難にする事実があります。高齢化が著しく進む地域が、所得水準も生産性も極めて低い農村部だということです。

 日本や韓国では戦後のベビーブーム世代――一つの塊(かたまり)と見なすと分析しやすいので、私は「人口塊」と呼びます――が田舎から出て来て、今も都会に住んでいます。一方、中国の「人口塊」は農村にとどまったままなのです。

コメント5

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「解決不能な高齢化」が中国を襲う」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長