• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

クリス・アンダーソンがiPad片手に熱く語った「新産業革命」

トレンドセッターの素顔は5児の父親、51歳で経営者に“転身”

2012年12月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 不振が続く欧米。成長の鈍化が顕著になってきた新興国。世界経済の牽引役が不在となる中、「尖閣問題」をきっかけとした中国との関係悪化で、日本経済と企業の眼前にはさらなる暗雲が立ち込めている。果たしてリーマンショック以来の世界同時不況が再来するのか。視界不良の中、企業はどのような戦略を描けばいいのか。日経ビジネスが総力編集した「徹底予測2013」の中から一部の記事を抜粋して紹介する。
 初回は、クリス・アンダーソン米ワイヤード誌編集長のインタビューをお届けする。『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』(NHK出版)などのベストセラーを著し、「ロングテール」や「フリーミアム」といったキーワードで、インターネットの普及に伴って生じた新たな経済現象を鮮やかに切り取ってきたアンダーソン氏。新著『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』(NHK出版)で描いた“モノ作り革命”のインパクトについて聞いた。インタビューに答える同氏の様子を撮影した動画も、併せてお楽しみいただきたい。

 11月上旬に2泊3日という強行軍で来日したクリス・アンダーソン氏。40分という短いインタビューの中で、同氏は時折、米アップルのタブレット(多機能携帯端末)「iPad」を手に取って画像を見せながら、デジタル技術によって広まりつつあるモノ作り革命「メイカームーブメント」について熱く語った。

 物理学の素養があり、英ネイチャー、米サイエンス、英エコノミストなどで科学・経済ジャーナリストとして活躍してきたアンダーソン氏。「ロングテール」「フリーミアム」などといったキーワードを次々と世に出してきた。筆者はまず、「なぜ、そのように次々と斬新な切り口で世の中を俯瞰することができるのか。何がきっかけなのか」と聞いた。すると、アンダーソン氏は「いやいや、まずお断りしたいんですけれどね…」と言いながら、早口で話し始めた。

動画へのリンク
画像をクリックすると動画をご覧いただけます。(WMV形式)

 同氏はまず、ロングテールは確かに自分のアイデアだが、フリーミアムや、デジタル技術を駆使してモノ作りにいそしむ個人を指す「メイカー」たちの台頭に関する考察は自分の発案ではない、と強調。「手柄を横取りするつもりなどない」と笑顔で語った。例えば、『MAKERS』で描いたデジタル技術に進展に伴う「モノ作り革命」については、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボで教授を務めるニール・ガーシェンフェルド氏が2000年代半ばに予見していた。アンダーソン氏自身もガーシェンフェルド氏の見解を、『MAKERS』の中で出所を明記して引用している。

「ジャーナリスト」が自ら「革命」に身を投じる

 今回改めて驚いたのは、アンダーソン氏自身が「モノ作り革命」のムーブメントに参加していく中で会社まで興してしまったことだ。コンピューター制御で動く無人飛行機の組み立てキットを販売する「3Dロボティクス」を起業。この会社では、「メイカー」たちの台頭を可能にした新しいデジタルツール、例えば、CAD(コンピューターによる設計支援)システムの設計データからプラスチックなどを材料にして3次元の現物を作ることができる「3D(三次元)プリンター」や、レーザー光線で金属板などに微細な加工ができる「レーザーカッター」をフル活用している。

 さらにアンダーソン氏は、「DIY Drones」というウェブサイトを運営している。このサイトで、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を介して製品のアイデアなどを募り、参加者の間で共有し改良を図っていく。日本人も含め、世界中から3万人以上が参加しているという。この点は、世界中の人々が無償で改良を加えているOS(基本ソフト)の「リナックス」やオンライン百科事典の「ウィキペディア」を思い起こさせる。

コメント1

「日本と世界の未来を読む 徹底予測2013」のバックナンバー

一覧

「クリス・アンダーソンがiPad片手に熱く語った「新産業革命」」の著者

広野 彩子

広野 彩子(ひろの・あやこ)

日本経済新聞社NAR編集部次長

朝日新聞記者を経て日経ビジネス記者、2013年から日経ビジネス副編集長。日経ビジネスオンラインでコラムの執筆・編集を担当。入山章栄氏の著作『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック