• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

技術の粋を集めた「洋上風力」

高まる新産業創造への期待

2012年12月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回から海上を舞台にした再生可能エネルギーについて取り上げる。まずは、既に欧州で商業化が進んでおり、大規模開発や新産業創造への期待で脚光を浴びる洋上風力を2回にわたり取り上げる。今回は先行する欧州を主に世界動向を探る。

2011年末で400万kW稼働

 風力発電は、再エネのエースといえる。潜在量が大きく、コストが低く、CO2の排出が少なく、計画から運転開始までのリードタイムが短いなどの優位性がある。2011年単年で発電容量4000万kW分が設置され、2011年末時点で累計240億kWになった。

 その中で洋上発電をみると、1年間で97万kWが設置され、2011年末累計では410万kWである。410万kWのうち381万kWがEUに立地している。残りのほとんどは中国の実証事業であり、洋上風力の歴史はEUにより作られてきた。資料1は、EUにおける洋上風力発電設置量の推移を示しているが、順調に伸びてきている。

資料1.EU洋上風力発電設置量の推移(累積)
(注)**EU 15 *EU 25
(出所) GWEC – Global Wind 2011 Report

 EUでは、北海、バルト海、アイルランド海、英国海峡に洋上風力が立地する。EU共通の目標である「2020年までに再生可能エネルギー20%」を達成するための主要な手段に位置づけている。国別の設置量は、英国209万kW、デンマーク86万kWが2大開発国であり、以下オランダ25万kW、ドイツ20万kW、ベルギー20万kW、スウェーデン16万kWとなっている(資料2)。なお、ノルウェーとポルトガルは浮体式の風車も試行されている。

資料2.世界の洋上風力発電容量(2011年、累積)
(出所) GWEC – Global Wind 2011 Report

コメント0

「再生可能エネルギーの真実」のバックナンバー

一覧

「技術の粋を集めた「洋上風力」」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授