• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

野田佳彦が総選挙で仕掛ける民主党の「清算」

政権交代という「坂の上の雲」(後編)その1

  • 村井 哲也

バックナンバー

2012年12月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回より続く)

総選挙を呪縛する2009年8月

 ついに首相の解散権が行使された。その決断には様々な議論が出たが、それが民主党政権の清算まで射程に入れたものなら話は違う。野田佳彦は、最高権力を失う恐怖を振り切って勝負に出た。いずれにせよ幕を開けた2012年12月の総選挙は、改めて意思決定システムの構造的矛盾をあぶり出す契機となるだろう。

 始まりは1993年7月の総選挙だった。冷戦終結とバブル崩壊で、自民党政権のシステムは機能不全となった。ここから非自民の枠組みで、小選挙区制の導入が唱えられる。その先にある政権交代で、やがて意思決定は機能するはずだった。それこそが、戦後国家が最後に目指すべき「坂の上の雲」だったからだ。

 この総選挙では、父・角栄の地盤だった新潟三区から田中真紀子が立候補している。最初に訴えたのは、脳溢血で倒れた角栄の介護体験。福祉問題にこそ税金の使い道がある、生活に政治の光が当たってない、と。真紀子支援に回った旧越山会幹部は指摘する。

「旧越山会の連中は、『それじゃ、公共事業はどうなるんだ』というんだね。でも、公共事業は角栄時代におおむねやってしまったんだ。あとやるべきことといえば、『改修工事』があるだけなんだね…いままで新潟の貧しさは公共事業で手術した。これからは新潟でも、貧しさというのは福祉なんだよ」

 政権交代を実現した民主党の、いや、戦後国家の切ない「坂の上の雲」を予見している。ひとになぞらえると明治国家の寿命は77才だった。1993年に生産年齢人口がピークに差しかかった戦後国家は、2009年に“年金受給年齢”を間近に控えた64才となった。高齢者人口は13.5%から22.7%。つまり、この16年で日本政治は本質的な変化に晒されていた。

 高齢社会など、初めから分かっていたことだ。だが、日本政治はこの本質から目を逸らしてきた。坂の途上から政権交代は自己目的化し、その手段だったハズの意思決定改革は空疎になっていく。当たり前だ。意思決定システムとは、それぞれの時代が求める目的に合わせ、常に変化すべき「生き物」なのだから。

 野田佳彦は、希望のない選挙戦から民主党政権をどう清算するつもりなのか。安倍晋三は、保守理念と公共事業で物事が動くと本気で思っているのか。橋下徹は、どこかで見た手段の自己目的化に陥っていないか。総選挙の争点は一向に見えない。あえて今回は、その呪縛となった2009年8月の総選挙への道程を振り返る。

コメント5

「首相の権力~この国はどう決断してきたのか」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員