• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

通貨の命綱を中国に託した韓国

「金融でも始まった離米従中」を真田幸光教授と読む

2012年12月13日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の「離米従中」が金融の世界でも始まった。韓国は弱点の外貨不足を中国に助けてもらう。かわりに人民元の国際化を後押しする。真田幸光・愛知淑徳大学ビジネス学部長と、鈴置高史編集委員が深読みした(司会は田中太郎)。

ルビコン河を渡って中国に

鈴置:韓国が「中韓通貨スワップを貿易決済に活用する」と発表しました。韓国は外貨調達の命綱を中国に託すことになります。人民元経済圏作りを積極的に手伝うという、米国をいたく刺激しそうな対価を払ってです。真田先生の読み通りになりました(「日韓、スワップの切れ目が縁の切れ目」参照)。

真田:日本の「対韓スワップ打ち切り」が韓国の背中を押したのです。韓国はついにルビコン河を渡って中国側に行きました。もちろん、恐る恐るではありましょう。鈴置さんの言い方を借りれば、金融・通貨面での「離米従中」です。この面では米国を相当に不快にさせたでしょう。

命綱を中国に託す

「中韓スワップを貿易決済に活用する」ことが、なぜ「外貨調達の命綱を中国に託す」ことになるのでしょうか。

真田幸光(さなだ・ゆきみつ)
愛知淑徳大学ビジネス学部・研究科教授(学部長) 1957年東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒。81年、東京銀行入行。韓国・延世大学留学を経てソウル、香港に勤務。97年にドレスナー銀行、98年に愛知淑徳大学に移った。97年のアジア通貨危機当時はソウルと東京で活躍。2008年の韓国の通貨危機の際には、97年危機の経験と欧米金融界に豊富な人脈を生かし「米国のスワップだけでウォン売りは止まらない」といち早く見切った。

鈴置:説明します。12月4日、韓国銀行は以下のように発表しました。韓中両国は通貨スワップを結んでいる。外貨不足で困った時に融通し合う政府間の約束だ。今後はこれを“平時”にも発動し、韓中企業間の貿易決済に使うことで両国は合意した……。

「スワップを使って貿易決済」のくだりをもう少し詳しく説明してください。

鈴置:中国からモノを輸入した韓国企業を想像してください。これまではドル建てで取引していましたから、手持ちのウォンを銀行でドルに換えてもらって代金を支払いました。

 今後は人民元建てで値段を決めておき、人民元で支払えるようになります。韓国銀行が中国からスワップで人民元を借りてきて、それを輸入企業に貸し出す仕組みができるからです。反対に、中国企業が韓国から輸入する時は、中国人民銀行が韓国からスワップで借りて来たウォンを決済通貨に使います。

コメント8

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「通貨の命綱を中国に託した韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック