• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

眠らなくなった日本人

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 睡眠学(1)

2013年1月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

人は生物である。人は動物である。人は自然の一部である。それを忘れてしまった人は、人工物が文字通り不自然だとは思わなく成っている。日が沈めば眠り、日が昇れば起きる。この単純な大切さは、非効率の元に、忘れ去られている。人は自然の一部である。だが、脳の働きによって、抽象概念の元で生きていると信じる様になった。インターネットの出現でその思いは強化され、コンピューターの亜種が人であるかのような錯覚を持ったのだ。少し大げさな表現かもしれないが、そういうことだ。不眠は自然を忘れた人の、当然の帰結なのである。人は自然の一部である事を思い起こし、動物としての人間を思い出す事ができれば、行動の誤りが解る。それが不眠を無くし幸せに繋がる第一歩であることを知るべきだ。(2013/01/09)

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「眠らなくなった日本人」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人は生物である。人は動物である。人は自然の一部である。それを忘れてしまった人は、人工物が文字通り不自然だとは思わなく成っている。日が沈めば眠り、日が昇れば起きる。この単純な大切さは、非効率の元に、忘れ去られている。人は自然の一部である。だが、脳の働きによって、抽象概念の元で生きていると信じる様になった。インターネットの出現でその思いは強化され、コンピューターの亜種が人であるかのような錯覚を持ったのだ。少し大げさな表現かもしれないが、そういうことだ。不眠は自然を忘れた人の、当然の帰結なのである。人は自然の一部である事を思い起こし、動物としての人間を思い出す事ができれば、行動の誤りが解る。それが不眠を無くし幸せに繋がる第一歩であることを知るべきだ。(2013/01/09)

睡眠時間が減っている、という調査結果は事実として、その原因として列挙されている部分と結果(子供の入眠時間含め)を結びつける根拠に乏しく、研究者氏か記者の思いこみで書いている感が強い。この結果から社会制度について何かを言いたいなら、もっと論理的に記述していただきたい。(2013/01/08)

私は、9時間弱眠ると体調よく過ごせるのですが、普通に企業人として生きてゆくには、それはなかなか困難です。常に睡眠不足の状態で生活し、休日に補てんするような暮らしなので、日々のQOLが低く、仕事も中途半端になりがちです。適した暮らしができる職業を選ぶのもままならない事ですし、できる事なら、個人の必要睡眠時間が定量化できる方法が確立されて、それを取得できる社会になるとよいと期待していますが、望み薄ですね。(2013/01/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長