• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朝型や夜型だけではない。非同調型も見つかった

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 睡眠学(5)

2013年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 睡眠にまつわる話は、あまりに日常的すぎて、多岐にわたり、すべてを話題にすることは難しい。様々な話題があるのだが、こういったことの背景には睡眠科学の基礎研究がある。三島さんも、本来的には、基礎研究を主な業務としてきたし、今もそうだ。

 三島さんが所属する、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の建物は、設計の段階からある特殊な構造物を組み込んである。所内を案内してもらった際、三島さんは「箱」と表現した。

「実はこの壁からあっち側は、ちょっと大きな箱が入ってるんです」と。

 それはドイツ製で、睡眠科学の基礎実験用に導入されたものだ。

外界と完全に遮断する部屋で。
(写真:藤谷 清美、以下同様)

「天井部も床も全部シールドされた箱をこの建物を建てるときに入れたんですね。音、電磁波、当然、光が中に入らないようになっています。この前、近くに雷が落ちたんですが、中にいると分からない。この中は部屋がいくつかあって、最大6人の方が同時に脳波や心拍、体温、あと血液採取、といったことが一元管理できるようになっているんです。実験によっては、被験者を完全に隔離して、外界と接触を断たせるものもあるので」

 そういう説明を聞くと、まさに宇宙船的な状況の中に人を置くことができる「箱」なのだと理解できる。実際に中に入ってみると、ぱっと見の印象は、調光装置付きの大部屋に、6つの寝室がついているだけのものなのだが。

測定時はこんな具合。

「閉所恐怖の人は厳しくて、今までに1人だけ脱落されました。長い場合は、1カ月くらい泊まっていただいて実験することもあるので。やっぱり、シャワー室とトイレ以外は全部行動が観察されるのはちょっと辛いんですね。今、脳波や心電図も、全部コードレスで飛ばすことができるので、フリーに生活はできるんですが。DVDは何百本も、漫画もたくさん用意してありますし……」

 何のためにこんな宇宙船のような「箱」に、人を入れて「実験」するのか、ここまで読んでくださった方はぴんとくると思うのだけれど、要するに、外光がある自然な環境から隔離して、人間の体内時計に基づいた睡眠の周期を詳しく見たりするには、こういう仕掛けが必要なのだ。これまで語ってきた様々な話の背景には、社会的な調査のデータ(特に信頼性が高いのは疫学調査)のほかに、こういった基礎研究の裏付けがある。

 今年(2012年)7月に科学雑誌のオンライン速報版に掲載された三島さんたちの研究は、「睡眠リズム異常」の原因を解明したとの触れ込みである。興味深いので簡単に紹介しておく。

【国立精神・神経医療研究センタープレスリリース】精神生理研究部の三島和夫部長、北村真吾研究員らのグループが、睡眠・覚醒リズム障害の病態生理を解明】

8時間睡眠のウソ。日本人の眠り、8つの新常識
川端 裕人(著)、三島 和夫(著)

 睡眠の都市伝説を打ち破り、大きな反響を呼んだ「睡眠学」の回が、追加取材による書き下ろしと修正を加えて単行本になりました! 日々のパフォーマンスを向上させたいビジネスパーソンや学生はもちろん、子育てから高齢者の認知症のケアまでを網羅した睡眠本の決定版。睡眠に悩む方々は、本書を読んでぜひ理想の睡眠を手に入れてください。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「朝型や夜型だけではない。非同調型も見つかった」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長