• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「こんな時に馬鹿な選挙。民主党の親分も利口じゃない」

父・角栄氏の命日に落選した田中眞紀子氏の戦い

2012年12月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「あの話し方、手振りは角栄先生そっくりです」。

 投票日を翌日に控えた12月15日。新潟5区。田中角栄元首相のお膝元となる新潟県長岡市では、各候補が激しく火花を散らしていた。

 角栄氏の地盤を継ぐ田中眞紀子・文部科学相は2009年同様、今回の衆院選でも民主党から出馬。彼女に対抗するのは、3人の候補者だった。1人は、比例代表からくら替えした自民党の長島忠美氏。2004年の新潟中越地震当時の、旧山古志村の村長だ。そして日本維新の会新人の米山隆一氏。米山氏は2009年衆院選で自民党から出馬。約2万票の僅差で田中氏に敗れていた。残る1人が日本共産党の服部耕一氏だ。

「長島さんの演説は角栄先生そっくり」

 選挙戦も終盤を迎えた新潟5区の焦点は、父・角栄氏の地盤を継ぐ眞紀子氏と、地元の自民支持基盤を押さえる長島氏の一騎打ちという様相が強まっていた。

 「おらの手を見てください。みなさんと一緒で、大きくて厚っつい。百姓の手なんです。この手でスコップ持ったり、くわ持ったりしてる。雪のひゃっこさも、重さもよーくわかる。だって百姓だから。百姓だからこそ、雪国の暮らしを良くしたいと、心から思っているんです。雪国の農家を守ることが、大事なんです」

 長島氏が選挙カーを降り、右手を挙げて叫ぶと、観衆からは一斉に拍手が起こる。この演説を聞いた有権者の1人が、ポツリと冒頭の言葉をつぶやいた。「長島さんの演説は本当に生前の角栄先生そっくり。地元の言葉でしゃべって、地元の人の心に寄り添う。自分らの問題を、この先生なら解決してくれるなって思わせてくれるもん」。

 よくよく話を聞くと、彼は決して長島氏の支援者ではないという。普段は、田中家がオーナーを勤める地元企業に勤めている。生前の角栄元首相に会ったことのある彼が、長島氏の演説に、亡き角栄元首相の姿を重ね合わせ、聞き入っていた。

 選挙戦の最終日、長島氏は40分刻みで計15回の街頭演説を繰り返した。投開票を目前にし、新聞や週刊誌は新潟5区の情勢を「長島有利」と報じていた。

 「私の思いがみなさんに伝わっているのは嬉しいですよ。けどね、逆に困っちゃって。(優勢と報じられると)みんなが油断するから。厳しい戦いなんだって言って、最後まで気を引き締めてやってます」。街頭演説の合間、長島氏は記者にこう打ち明けた。だがその言葉とは裏腹に表情は明るく、余裕すら感じられた。

最後の演説に回る長島氏。長島氏の最大の争点が、TPP(環太平洋経済連携協定)の例外なき関税撤廃の反対。「農家を守る」と何度も繰り返していた。同時に、「私はこの選挙戦で、ほかの候補者や対立する党の悪口を言ってこなかった」とも

コメント26件コメント/レビュー

これはなかなか面白い記事でした.田中真紀子氏の選挙の一面を見せてもらいました.マスコミによって,上げられたりさげられたりすることで,多くの国民は政治不信になってしまいました.そのマスコミ側から,このような静かな記事が出てくることは好ましいと感じました.選挙に負けた後の雰囲気が実際に近いのではないでしょうか.田中直毅氏の支える様子にも無理がなく,さもありなんという感じです.政治家に限らず,他人には完璧を求める風習を改めるときかもしれません.(2012/12/25)

「2012 衆院選 ルポ・選挙戦の現場から」のバックナンバー

一覧

「「こんな時に馬鹿な選挙。民主党の親分も利口じゃない」」の著者

日野 なおみ

日野 なおみ(ひの・なおみ)

日経ビジネスクロスメディア編集長

月刊誌「日経トレンディ」を経て、2011年から「日経ビジネス」記者。航空・運輸業界や小売業界などを担当。2017年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これはなかなか面白い記事でした.田中真紀子氏の選挙の一面を見せてもらいました.マスコミによって,上げられたりさげられたりすることで,多くの国民は政治不信になってしまいました.そのマスコミ側から,このような静かな記事が出てくることは好ましいと感じました.選挙に負けた後の雰囲気が実際に近いのではないでしょうか.田中直毅氏の支える様子にも無理がなく,さもありなんという感じです.政治家に限らず,他人には完璧を求める風習を改めるときかもしれません.(2012/12/25)

A級戦犯ってそれまでの国際法で何の罪にも問えないけど、日本の指導者たちを理屈抜きで罰したいので後から「平和に対する罪」というのを作って在任に仕立てあげたのがA級戦犯なんですけど。だからA級戦犯は指導者としての責任はともかく、法的には本来何の罪もない人たち。(2012/12/22)

全くふざけた記事だ。いまさらまだ田中真紀子人気で売上が取れるとでも思っているのか。田中真紀子も田中真紀子だ。接戦ならともかく、大差で負けたのは本人の責任。自分が悪くて負けたくせに野田総理のせいにしてまったく何の反省もない。この3年少し、もし民主党がいい政治をやっていたとしてもこいつだけは落選して欲しいと思っただろう。(2012/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員