• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2回 「イノベーションを起こす方法はあるか」

イノベーターは実在の1人を想定して事業を創造する

  • 山口 高弘

バックナンバー

2012年12月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イノベーションとは何か、そしてイノベーションを起こすためには何が必要なのかについて、前回は我々の考えを総論的に書かせて頂いた。

 今回は「イノベーションの概念は分かったが、実際に起こそうとすると、疑問だらけだ」という声に対して、中でもよく耳にする大きな5つの疑問にお答えしたいと思う。

 まず第2回から数回でお悩みに対する私なりの考えをお答えした上で、以降はイノベーションのWhatとHow論を展開していきたい。

イノベーションに挑戦する際に、抱えることが想定される5つの悩み
  1. イノベーションがどのようなものかは概念的には分かったが、どのように起こすのか検討がつかない
  2. イノベーションを創造するためには、何よりテーマ設定が重要であると思うが、どのようなテーマが適切なのか分からない
  3. イノベーション創出の方法論を身に付けても、そもそものマインドセット、スキルセットが伴っていないので、付け焼刃に終わるのではないか
  4. 優れたコンセプトは出せたと感じている。しかし常識をはるかに超えているため、うまく戦略に落とせない
  5. イノベーションを起こしたいが、誰に任せればよいのか、任せられる人材がそもそもいるのかどうかが分からない

イノベーションがどのようなものかは概念的には分かったが、どのように起こすのか検討がつかない

 1つ目の悩みである。

 この悩みに対して、最初に我々の結論をお伝えしたい。

 イノベーターの思考を一瞬でも妨げないこと

 唐突に聞こえるかもしれない。イノベーションといえども、何らかの方法論があるのではないか。このようなことが期待されるところではあるが、これは幻想である。

 方法論を必ずしも否定しているわけではないが、●●思考、●●法と呼ばれているものを踏襲してもイノベーションは起きない。例えば近年「デザイン思考」がコモディティ化してきているが、これらも同様である。

 イノベーションを起こすための方法論をいかに習得するかという発想では、イノベーションは起きない。

 イノベーターの思考を妨げず、いかんなくその創造性を発揮してもらうことがイノベーションを起こすための鍵である。そのために今回は、イノベーターがどのように新事業創造を素薄めるのかを見てみたい。

実在の1人のユーザーから全てを組み立てるイノベーター

 唐突であるが、イノベーターは「実在の1人のユーザー」を発見し、その1人のためだけにプロダクト・サービスを創り出す。

 意外に聞こえるかもしれないが、過去の巨大なイノベーションも実は実在の1人のために創られている。古くはソニーのウォークマン。当時名誉会長であり音楽家であった井深氏が飛行機の機内で音楽を楽しめないという不満を盛田昭夫氏が耳にしたことがきっかけとなり開発されている。近年では任天堂のWii。子どもがゲームに夢中でリビングに寄り付かないと悩む実在の母親のために創られた(諸説あるため一概には言えないが)。こちらも過去にさかのぼるが、モーツァルトは音楽業界がそれ以前は作曲依頼者のために受注生産で曲を作っていたところ、初めて「実在する女性のために」曲を作った。

コメント2件コメント/レビュー

イノベーションの方法論が盛んに言われ、このコラムもその一つのように見える。しかし著者も冒頭述べているように、イノベーション、言い換えれば新製品、新サービスを生み出すために最も大事なことはこうした方法論を振りかざすことなどではなく、ただ一つ、アイデアの芽を摘まないことである。イノベーターは・・・する。と特殊な人物が特殊な創造工程をたどってイノベーションを成し遂げるかのような印象を与える書き方だが、これを誰かがその通りに真似ようとしてもイノベーションを起こせはしない。イノベーションを生み出そうというとき、企業=マネージメントが行うべきは、アイデアを見つけ出し、それを守り育て成長させて開花させることだ。それは社員なら誰でも行えることであって、イノベーターなる職位があるわけではない。アイデアの種を持つ人にその種を蒔かせて芽を出させるマネジメント。アイデアの芽を叩かないマネジメント。アイデアを育てる人を見守り後押しするマネジメント。アイデアの成長に必要なリソースを適切に投資するマネジメント。イノベーションの種はどこにでもあるがそれが芽吹かず育たないのは、環境がないからである。(2012/12/26)

「イノベーションの方程式」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

イノベーションの方法論が盛んに言われ、このコラムもその一つのように見える。しかし著者も冒頭述べているように、イノベーション、言い換えれば新製品、新サービスを生み出すために最も大事なことはこうした方法論を振りかざすことなどではなく、ただ一つ、アイデアの芽を摘まないことである。イノベーターは・・・する。と特殊な人物が特殊な創造工程をたどってイノベーションを成し遂げるかのような印象を与える書き方だが、これを誰かがその通りに真似ようとしてもイノベーションを起こせはしない。イノベーションを生み出そうというとき、企業=マネージメントが行うべきは、アイデアを見つけ出し、それを守り育て成長させて開花させることだ。それは社員なら誰でも行えることであって、イノベーターなる職位があるわけではない。アイデアの種を持つ人にその種を蒔かせて芽を出させるマネジメント。アイデアの芽を叩かないマネジメント。アイデアを育てる人を見守り後押しするマネジメント。アイデアの成長に必要なリソースを適切に投資するマネジメント。イノベーションの種はどこにでもあるがそれが芽吹かず育たないのは、環境がないからである。(2012/12/26)

「イノベーションを起こすための方法論をいかに習得するかという発想では、イノベーションは起きない」と書いておられながら、イノベーションを起こすための方法論を解説しておられる記事に笑ってしまいましたが、前回に引き続き鋭い視点からの的確な指摘であると感じました。「多くの人の、共通する1つのシーン」ではなく、「一人の人の全人生における、その行為の持つ目的」から発想する、というのは重要なポイントであると感じました。現実にしばしば直面するのは「次のプロジェクトの方向性」を検討する際に、ある程度のところまで詰めていくとそこから先が「具体的でなくなる」「こちらの勝手な憶測以外の何者でもないモノ(=根拠が全くない)になってしまう」という壁に突き当たり、そこで前に進まなくなるか、「テキトーに決めて」先へ進むという状況です。「テキトーに決めて」しまうと、メンバーは実際には誰もそれを信じていないのに「決定事項だからその方針に従って開発する」となるので、モチベーションが上がりませんし、またその先の詳細な要求項目を決める際にも「テキトー」になってしまいます。結局「テキトー」の塊になってしまう。何がまずかったのか、とてもよくわかりました。ありがとうございました。(2012/12/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長