• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

業界最大のイベントで見た韓国メーカーの本当の“強み”

そこに日本メーカーが謙虚に学ぶべきものがある

2013年1月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週(1月8~11日)に米ラスベガスで開催された国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」──。この家電業界最大規模のイベントに筆者は訪れた。

 既にCESについては日本の新聞やテレビなどのメディアでも紹介されているが、ここでは技術経営の研究者の視点で見たCESのポイントと、そこで考えたエレクトロニクス産業の課題と今後に取るべき方策について、3回にわたって記したい。

 今年のCESの特徴は、表面的に見れば、フルハイビジョン(FHD)の約4倍に相当する高解像度の映像を表示できる「4Kテレビ」、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)を使って操作できる「スマート家電」、そして自動車など異業種からの出展が目立っていたことになろう。しかし、その背後には、家電メーカー各社が抱える課題が見え隠れしていた。

技術発表の場からプロパガンダの場へ

 かつてのCESは米マイクロソフト会長のビル・ゲイツ氏が開催前日のプレビュー基調講演を行い、家電各社はCESに合せて新技術を発表し、その後の家電業界の方向性が示されてきた。

 しかし、マイクロソフトによる基調講演もブースの出展も昨年が最後となり、家電各社の発表する新技術・新製品もかつてほどの新鮮味はなくなった。数字上は過去最大の開催となった今年のCESだが、その規模にもかかわらず、どこか寂しい雰囲気すら感じた。

 昨年、最後の基調講演を行ったマイクロソフトCEO(最高経営責任者)のスティーブ・バルマー氏は、今年は米クアルコムの基調講演にゲスト出演していた。ショーから撤退した企業のCEOのスピーチを頼りにしなければならないのが、今年のCESの姿なのかもしれない。

 また家電各社の技術発表にしても、派手な宣伝と巧みな話術であたかも技術をリードしているイメージを来訪した記者に植え付け、自社のプロパガンダをさせる場になっているのではないか。昨年、今年と有機ELテレビを出展したサムスン電子とLG電子の韓国勢と日本のメディアの報道ぶりを見ているとそう感じてしまう。

コメント13

「CESで経営学者が考えた日本メーカーの針路」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官