• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ペルー・マークを知っていますか?

継続する経済成長が国民の自信に

  • JETRO 石田 達也

バックナンバー

2013年1月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年始の慌ただしさから解放され、これから今年の旅行計画を立てる方も多いと思います。世界の人々が注目するマチュピチュ遺跡とナスカの地上絵を目指すのはいかがでしょうか?ともに私が駐在するペルーにあり、世界遺産に登録されています。中南米観光のハイライトと言われるのも納得の迫力です。

狙いの海外より先に国民の間で大ブレーク

 ペルーを訪れるならば、マチュピチュ遺跡とナスカの地上絵と合わせて、ぜひご覧いただきたいのが、今回ご紹介するペルー・マークです。空港や街のあちこちで見かけるようになりました。

 このマークは「Peru」の文字がデザインされ、Pの部分が渦巻き模様になっています。(1)PeruのPの意味に加え、(2)世界遺産の「ナスカの地上絵」、(3)指紋(ペルーでは「お墨付き」を意味します)を表しています。

 外国企業にペルーとのビジネスに関心をもってもらい貿易・投資を促すと同時に、外国人観光客を呼び込むことを目的にペルー貿易観光省が2011年に制定したものです。同省では、海外での企業向けセミナーなどの機会にマークを活用してペルーの広報をおこなっていますが、率直に言って知名度はまだ高くありません。海外でのマーク浸透にはもうしばらく時間がかかりそうです。

 一方、本来のターゲットとは異なりますが、地元の国民の間では大ブレークしています。

山にも硬貨にもペルー・マーク

 Tシャツやトレーナーなどの衣類、ビスケット、ドーナツ、ぶどう(の包装容器)、コップなど様々な身近な商品にペルー・マークがついています。各企業が展開するペルー・マーク商品で物足りない消費者は、自家用車や地元の山にまで自分でペルー・マークをつけて楽しんでいます。

ペルー国民に大人気のペルー・マークはあちこちで見られるようになった

 そして人気に便乗したのが中央銀行。2012年8月からペルー・マークが入った1ソル(約32円)硬貨を発行し始めました。発行枚数や期間に制限を設けず、通常のデザインとして採用しました。新硬貨の誕生を描いたビデオを作成するほどの力の入れようです。ビデオは中央銀行のWebサイトから閲覧することができます。

コメント0

「魅惑の成長センター 踊る中南米を歩く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長