• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スマート家電の前に取り組むべき課題がある

日本の常識が通じない海外市場の実情から正視しよう

2013年1月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米ラスベガスで開催された国際家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」。その名称に冠された「Consumer Electronics(コンシューマー・エレクトロニクス)」は、日本語に訳すと「消費者向け電気製品」、すなわち家電製品のことであるが、日本で言われる家電とは少し意味が異なる。

 米国でコンシューマー・エレクトロニクス、あるいは単にエレクトロニクスという場合は、一般的にテレビやオーディオといったAV(音響・映像)機器、いわゆる「黒モノ」家電を指し、洗濯機や冷蔵庫といった「白モノ」家電は、「Home Appliances(ホーム・アプライアンス)」と呼んで区別している。

 下の写真は米大手ディスカウントストア、ターゲットの「エレクトロニクス」売り場であるが、ここには黒モノ家電しか置かれていない。ちなみに、日本のディスカウントストアはホームセンターに近い業態であるが、ターゲットは米ウォルマートなどの大手スーパーに近い営業形態で、生鮮食料品を扱わないスーパーと見た方がいいかもしれない。

大手ディスカウントストアTargetのElectronics売り場
大手ディスカウントストア・ターゲットのエレクトロニクス売り場

 この日米の微妙な違いは、もしかすると日本の家電メーカーがグローバル化しきれない原因とつながっている可能性がある。そこで今回は、白モノ家電に焦点を当ててみたい。

白モノ家電に活路は見いだせるのか?

 前回に米マイクロソフトがCESから撤退したことについて触れたが、かつてマイクロソフトが初めてCESに参加した時も家電メーカーにとっては驚きの出来事であった。

 それまでは家電の領域であったAV機器とパソコン(PC)などのIT(情報技術)機器との関係は、黒モノ、白モノ以上に異なるカテゴリーの製品と認識されていた。そこにIT業界の代表格であるマイクロソフトが参入してきたのである。日本でもAVとITの融合といったことが叫ばれるようになった頃のことであった。

コメント9

「CESで経営学者が考えた日本メーカーの針路」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長