• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

膨大な波力エネルギ-を取り出せ

加速する技術開発と見えてきた商業化

2013年2月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、海洋エネルギ-の世界動向を、先行するスコットランドに焦点を当てて、政策・具体的な支援策を主に解説した。今回は、スコットランドで活躍する波力エネルギ-開発会社を紹介する。多くの事業者が、波が持つ膨大なエネルギ-をいかに使いやすい形に変換するかを競っている。経済性を求めてさまざまな工夫を凝らしており、大規模商業施設の建設も視野に入ってきた。

 波力と潮流を比較すると、一定の流れに身を置く潮流発電は、風車技術の応用であり技術開発のターゲットが一定の範囲に収まっている。場所を選べばコストもより低いとされる。しかし、適した場所は限られる。

 一方、波力は、沖合や浅瀬では波形などが異なるし、その複雑な動きを利用しやすい形に変換する技術もさまざまであり、現状は百花繚乱ともいえる状況にある。しかしそのエネルギ-は膨大で、生き残った技術は大きなビジネスチャンスをつかむことになる。世界で2億~3億kWの潜在量があると言われる。

 まずスコットランドで開発されている代表的な技術を紹介し、波力発電のイメージに接近する。浅瀬(ニアショア)に固定し陸上で発電するウェイブジェンのLIMPETとアクアマリン・パワーのオイスター、沖合に浮いて発電し大規模化を目指すAWSオーシャン・エナジーのAWSIIIとペラミスのP2である。

実績を誇る陸地一体型波力発電

 波力発電開発の歴史を語る上ではずせない会社は、その名もウェイブジェン(Wavegen)である。正式社名は、フォイト・ハイドロ・ウェイブジェン(Voith Hydro Wavegen)で、スコットランドのInvernessに本社を置く。フォイトは、ドイツに本社を置いて世界規模で活動する同族経営の機械製作会社である。フォイト・ハイドロはその水力発電部門で、かつてのフォイト・シーメンス水力発電社であるが、世界の水力発電の3分の1は同社のタービンと発電機を使用している。日本の富士電機が提携関係にあり、両者で富士フォイトを設立している。

 ウェイブジェンの代名詞は、同社の波力発電実験施設であるLIMPET(the Land installed Marine Powered Energy Transfer)である。その名の通り「陸地に設置された」海洋エネルギ-発電で、2000年11月に、スコットラントの西北に位置するアイレー島に建設された。世界初の商業規模の波力発電であり、既に11年間にわたり稼働し7万時間系統に送電している。300kWでスタートし、現在は500kWで運転している(250kW×2)。水深は15m程度のニアショアに適する。信頼性を実証するとともに豊富なデーターを蓄積し、運転方法を含む改善点を多く提供してきた。ここで培った経験とノウハウをその後の事業に反映させている。

コメント3件コメント/レビュー

私は以前釣りが好きで、日本海には良く釣りに行った。太平洋と比べて荒れる事が多い日本海だが、凪になると外海でも「鏡の様な」波一つない海になる。詰り、風力や太陽光と同様、発電は「お天気次第」という事になる。電力需要のピークが何処にあるか等お構い無しだ。 そういった意味合いから、天気に左右され難い再生可能エネルギーも柱の一つにして行かないと、火力発電所を削減する事が難しいのではないか。同じ「海」でも海流発電は適地が陸から離れている難点はあるが、「止まる」事無く流れ続ける。安定電力として期待できる。地熱発電も同様に安定的な電力供給が可能だ。その様に都合の良い発電方法であるにも関わらず、固定買い取り制度では「手っ取り早い」太陽光が高い割に、低く抑えられている。地熱では買い取り価格以外に開発も援助される様だが、太陽光の開発気運の高まりと比べるとやや寂しい。規制緩和で地熱の開発決定もされているが、「10年後には倍増」とまでは行かない。エネルギーは国にとって安全保障の観点からも非常に重要であり、最優先で安定的な再生可能エネルギーとして地熱と海流の開発で世界をリードする国になってもらいたい。(2013/02/07)

「再生可能エネルギーの真実」のバックナンバー

一覧

「膨大な波力エネルギ-を取り出せ」の著者

山家 公雄

山家 公雄(やまか・きみお)

エネルギー戦略研究所所長

日本政策投資銀行でエネルギー、環境などの融資・調査を担当。2009年からエネルギー戦略研究所で再生可能エネルギ-、スマートグリッドなどを研究。中立的なエネルギー・シンクタンクを心がけている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は以前釣りが好きで、日本海には良く釣りに行った。太平洋と比べて荒れる事が多い日本海だが、凪になると外海でも「鏡の様な」波一つない海になる。詰り、風力や太陽光と同様、発電は「お天気次第」という事になる。電力需要のピークが何処にあるか等お構い無しだ。 そういった意味合いから、天気に左右され難い再生可能エネルギーも柱の一つにして行かないと、火力発電所を削減する事が難しいのではないか。同じ「海」でも海流発電は適地が陸から離れている難点はあるが、「止まる」事無く流れ続ける。安定電力として期待できる。地熱発電も同様に安定的な電力供給が可能だ。その様に都合の良い発電方法であるにも関わらず、固定買い取り制度では「手っ取り早い」太陽光が高い割に、低く抑えられている。地熱では買い取り価格以外に開発も援助される様だが、太陽光の開発気運の高まりと比べるとやや寂しい。規制緩和で地熱の開発決定もされているが、「10年後には倍増」とまでは行かない。エネルギーは国にとって安全保障の観点からも非常に重要であり、最優先で安定的な再生可能エネルギーとして地熱と海流の開発で世界をリードする国になってもらいたい。(2013/02/07)

基礎研究=商業化ではない事に気づきましょう!(2013/02/07)

未来に希望の持てる非常にいい記事でした。この記事をきちんと締めくくるため,研究および初期投資の資金をどこから調達したのか,日本ではどうやって調達すべきなのか,詳しく紹介してください。(2013/02/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員