• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国人が大行列する「日本の定食屋」

日本食をじっくり見させて気持ち良い環境で食してもらう

2013年2月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私の上海の住まい近くに、お昼のピークタイムともなると行列が絶えない日本資本の定食屋がある。お店の名前は「中山公園食堂」。日本の飲食チェーン店「まいどおおきに食堂」の上海・中山公園店という位置づけだ。まいどおおきに食堂は、フジオフードシステムが全国に展開している。カフェテリア形式の一膳飯屋で、現在では日本全国で400店舗以上を構える。

お客で賑わうまいどおおきに食堂の店内
お客で賑わうまいどおおきに食堂の店内

 フジオフードシステムは、まいどおおきに食堂だけでなく串焼きの「串家物語」やうどんの「つるまる」、居酒屋「かっぽうぎ」など20以上の業態の飲食店を経営する。特にセルフ形態であるまいどおおきに食堂は、家族客を中心に売り上げを伸ばしている。お米は毎日使用する分だけを精米したり、オリジナル飼料を与えた鶏の卵を使用したりなど、料理にこだわりを見せる。

 中山公園食堂がオープンしたのは2012年8月末。約半年たった今でも、一向に客足が衰える気配はない。まいどおおきに食堂は、ここ上海では3店舗目だが、中山公園店で大ブレーク。すっかりサラリーマンやOLの間で、日本食堂の顔として定着したイメージだ。

 では、なぜ繁盛しているのか。今回はその要因を考察してみたい。

日本食を自分で選ぶ楽しさ

 私はこの店の常連なのだが、訪れるお客の構成を比率で表すと、ざっと中国人85%、日本人10%、残りが欧米人や他のアジア人ではないかと思う。もちろん、時間帯によっては日本人比率が多いこともあるが、流行っているのはローカルの中国人に認知され、支えられていることがすべてだ。店の外にまで行列ができることもあるほどだ。

カフェテリア方式なので、好きなものを選んで、後で精算する
カフェテリア方式なので、好きなものを選んで、後で精算する

 好きな総菜を皿にとって最後にレジで会計するカフェテリア形式。この方式自体は中国では非常に一般的で、目新しさは全くない。では何故と思うだろう。実はこれまで、日本食でカフェテリア方式を実践している店はほとんど無かったのだ。

コメント6

「上海で見つけた このブランドが流行るワケ」のバックナンバー

一覧

「中国人が大行列する「日本の定食屋」」の著者

内田 文雄

内田 文雄(うちだ・ふみお)

碧詩商務咨詢(上海)有限公司総経理

ワールド、ユニクロにてVMD業務に携わった後、2011年に独立。現在は上海に在住し、中国を中心に日本を含むアジア地域での新規ブランド立ち上げ、店舗デザイン/内装/VMDディレクションなどに取り組む。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長